人生にゲームをプラスするメディア

老人ホームにはWiiを、専門の業者が全米で売込み中

任天堂 Wii

米ナショナル・ポスト紙が伝えるところによれば、米国の老人ホームでWiiを導入しようという動きが広がっているそうです。Wiiはリモコンとヌンチャクというモーションセンサーコントローラーを搭載していて『Wii Sports』など幅広い世代に訴えかけるタイトルが多数あり、この分野には最適と言えるかもしれません。

老人ホーム向けのサービスを展開するホームインステッド・シニアケア社も全米各地の施設やコミュニティ向けに積極的な売り込みをかけていて、売れ行きは至って好調だそうです。特に『Wii Sports』は人気が高く、同社では収録されている「ボウリング」を使ったシニア向けのゲーム大会なども計画しているということです。

カジュアルゲームはゲーム人口の拡大に寄与していて、米国で無料ゲームサイトを提供するPopCap Gamesによれば、ユーザーの半数は50歳以上で、5人に1人は60歳以上になっているそうです。シニア向けの市場は、従来のようなボタンの多いコントローラーでは実現できなかったような、新しい世界が広がっていると言えそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  2. 『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

    『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

  3. 『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

    『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

  4. 『シノビリフレ』ゲームシステムの詳細が公開―“ファビュラスリフレ”とは一体…

  5. 『PUBG』のBlueholeがPS4/Switch向け新規IPを開発中―アジア市場をターゲットに

  6. 【特集】『星のカービィ』一度は食べてみたいカービィ世界の食べ物10選、あなたが食べたいのはどれ?

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  8. 『スーパーボンバーマン R』にゴエモン、アヌビス、藤崎詩織らが参戦!? ストーリーや新モードも追加

  9. 『スプラトゥーン2』コラボギアコードが「コロコロコミック」1月号に付属!

  10. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

アクセスランキングをもっと見る