人生にゲームをプラスするメディア

ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止

シリーズ累計で100万個を販売した連射測定機付時計「シューティングウォッチ」(シュウォッチ)を誕生から20周年を記念して、復刻版を発売する事を決定、予約を受付、多くのファンが求めましたが、製造上の都合により発売を一旦中止することを発表、公式サイトにてお詫びを掲載しました。

ゲームビジネス その他
ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止
  • ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止
  • ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止
  • ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止
  • ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止
  • ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止
  • ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止
  • ハドソン、復刻版「シュウォッチ」の発売を中止
シリーズ累計で100万個を販売した連射測定機付時計「シューティングウォッチ」(シュウォッチ)を誕生から20周年を記念して、復刻版を発売する事を決定、予約を受付、多くのファンが求めましたが、製造上の都合により発売を一旦中止することを発表、公式サイトにてお詫びを掲載しました。

シュウォッチは連射測定器と時計の機能を兼ね備えた商品で、1秒間に16連射を実現した高橋名人と共に大ブームを引き起こし、累計100万個を販売した商品です。

高橋名人は公式サイト「16shot.jp」のブログで、「不具合が重ねて出てきて、修正を続けていくよりも、もう一度最初から作り直した方がいい」という判断があった事を明らかにしています。設計とパーツの品質及びラインの状況などを再度見直してから、製造にかかるということですので、完全に中止という訳ではなさそうです。

ただし、今まで受け付けた予約は一旦全て破棄するということです。進捗状況は別途、お知らせするメールを配信するので、興味のある方は登録して欲しいとしています。再び登場する事を待ち望みたいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 800万DLを達成した『コトダマン』におけるモノビットエンジン採用実例と最新情報【CEDEC 2018】

    800万DLを達成した『コトダマン』におけるモノビットエンジン採用実例と最新情報【CEDEC 2018】

  3. 『ボコスカウォーズII』発売記念の生放送イベントが開催決定―抽選でユーザーご招待!

    『ボコスカウォーズII』発売記念の生放送イベントが開催決定―抽選でユーザーご招待!

  4. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  5. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  6. 【CEDEC 2012】内製ツールで効率化は達成できるのか? ― スクウェア・エニックスの場合

  7. 【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

  8. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  9. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  10. 【CEDEC 2013】「飯野賢治は最後まで"ゲームクリエイター"だった」故・飯野賢治氏らが受賞したCEDEC AWARDSレポート

アクセスランキングをもっと見る