人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC2007】ケータイゲームの可能性 〜「モバゲータウン」を例に〜

低年齢層を中心に、いま絶大な人気を誇る携帯サイト「モバゲータウン」。お手軽に遊べるたくさんのゲームを揃え、現在は会員数を600万人以上に伸ばしている巨大サイトです。このフォーラムでは、「モバゲータウン」を運営しているディー・エヌ・エーから、ポータルコマース事業部モバイルポータル部 部長の畑村匡章氏がサイト運営の仕組みや、会員数を伸ばし続ける秘訣について紹介がありました。

モバイル・スマートフォン 全般
低年齢層を中心に、いま絶大な人気を誇る携帯サイト「モバゲータウン」。お手軽に遊べるたくさんのゲームを揃え、現在は会員数を600万人以上に伸ばしている巨大サイトです。このフォーラムでは、「モバゲータウン」を運営しているディー・エヌ・エーから、ポータルコマース事業部モバイルポータル部 部長の畑村匡章氏がサイト運営の仕組みや、会員数を伸ばし続ける秘訣について紹介がありました。



■「モバゲータウン」ができるまで

1999年に設立されたディー・エヌ・エーは、同年にパソコン向けオークションサイト「ビッダーズ」の運営を開始。しかし、すでに「ヤフーオークション」が先行して運営を開始していたため、思うように会員数を増やすことができませんでした。オークションの会員数は、ヤフーオークションが約7割で、ビッダーズが2割。そして残りの1割が、その他のサービスを使用しているようです。そのため、オークションビジネスでは苦戦を強いられ、2002年にはモバイル事業に乗り出すことになりました。

2002年に開始したサービスは、携帯電話オークション「モバオク」です。このサービスは携帯専用のサービスとあって、高いシェア率を獲得できました。その後、auの端末向けに「auオークション」を開始させ、商品を共有できるシステムを構築。これによって携帯電話端末専用のオークションサイトとしては、日本最大に成長させることができました。

携帯電話向けオークションサービスの成功をきっかけに、ディー・エヌ・エーは本格的なモバイル事業に乗り出すことになります。そこで誕生したのが「モバゲータウン」です。畑村氏はこのころを振り返り、「我々は専門的なゲームの知識を持ち合わせずに、ゲーム業界に飛び込んだのです」と、当時のことを語りました。

そんな実験的な形で始めた「モバゲータウン」ですが、現在は誰もが知る日本最大の勝手サイトに成長しています。売上高もここ数年で急激に伸びているようで、ディー・エヌ・エーの総売り上げのなかでは、モバイルビジネスが大部分を占めているようです。

■「モバゲータウン」の人気の秘密


《佐藤隆博》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『オクトパストラベラー大陸の覇者』新トラベラー「ドロテア」が1月23日のアップデートに登場!初の期間限定キャラとしての実力はいかに

    『オクトパストラベラー大陸の覇者』新トラベラー「ドロテア」が1月23日のアップデートに登場!初の期間限定キャラとしての実力はいかに

  2. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  3. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

    『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  4. 3周年を迎えた『アリス・ギア・アイギス』にて「無料★4確定スカウト」実施! 島田フミカネ氏の記念イラストもお披露目

  5. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  6. 次世代リアルカードバトル 『魔法図書館キュラレ』プレイレポ!骨太なストーリーと軽快なゲームテンポが魅力

  7. 『FGO』あのシーンの真相はこうだった!第2部 第5章「星間都市山脈 オリュンポス」クリア後にCMを振り返り【特集・ネタバレあり】

  8. 『アークナイツ』の難易度に適応できるかは2章が分岐点?攻略に欠かせない推しオペレーターはペンギン急便のあの子【読者アンケート】

  9. 『アークナイツ』紙幣や理性、足りてますか?イベント周回に役立つ4つの心構え

  10. 鉱石病?感染者?主人公たちは誰と戦っているの?『アークナイツ』の奥深くも複雑な世界設定をわかりやすく整理してみよう

アクセスランキングをもっと見る