人生にゲームをプラスするメディア

ポリゴンマジックがWiiでエフェクトを簡単に作成できるツールを発売(訂正)

日経産業新聞によれば、Wiiの『BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲』(セガ)やニンテンドーDSの『天誅 DARK SHADOW』(フロムソフトウェア)といった作品をこれまで開発してきたポリゴンマジックは、ゲーム向けの爆発や魔法といった視覚エフェクトを簡単に作成できるツールを開発、31日から売り出すということです。

ゲームビジネス その他
日経産業新聞によれば、Wiiの『BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲』(セガ)やニンテンドーDSの『天誅 DARK SHADOW』(フロムソフトウェア)といった作品をこれまで開発してきたポリゴンマジックは、ゲーム向けの爆発や魔法といった視覚エフェクトを簡単に作成できるツールを開発、31日から売り出すということです。

新製品の「ブレンドマジック」はこれまで社内での開発に用いてたもので、通常であればデザイナーとプログラマーの連携が必要な、エフェクトの作成作業が新ツールであればデザイナーが一人でも可能となるそうです。サンプルが数十個あり、どのようなジャンルにも応用が効くということです。

対応ブラットフォームはWiiやPS2互換のアミューズメント基盤で、今後Xbox360やニンテンドーDSやPSPにも対応する予定だとのこと。

価格は初期費用が150万円で、次年度から年間50万円(いずれも税込み)。これらは新バージョンへのアップデートや技術サポートを含むということです。中小のソフトメーカーやゲーム専門学校をターゲットに、年間130本以上の販売を目指すとしています。

(8/28 12:36 対応プラットフォーム、価格、目標本数について訂正しました)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. セガのゲームセンターに「らーめん缶」の自販機登場

    セガのゲームセンターに「らーめん缶」の自販機登場

  2. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

    ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  3. 【E3 2009】米国で売れているジャンルは?どれくらいの人がゲームしてるの?PC市場との違いは?−ESAが調査結果を発表

    【E3 2009】米国で売れているジャンルは?どれくらいの人がゲームしてるの?PC市場との違いは?−ESAが調査結果を発表

  4. 日本観光を恋愛ADV的ノリで楽しめる『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』がSteamで配信、開発者がセールス好調を報告

  5. ND CUBE、元ハドソンを中心に『Wii Party』を開発

  6. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  7. 日本初のVR専門の教育機関が開校、3ヶ月の実践学習がスタート─入学金、授業料は“無料”

  8. セガサミー、カジノ経営に本格参入・・・韓国Paradise Groupと合弁で建設目指す

  9. カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

  10. Activision Blizzard決算報告、2012年第4四半期および通年の業績は想定より好調

アクセスランキングをもっと見る