人生にゲームをプラスするメディア

ポリゴンマジックがWiiでエフェクトを簡単に作成できるツールを発売(訂正)

ゲームビジネス その他

日経産業新聞によれば、Wiiの『BLEACH Wii 白刃きらめく輪舞曲』(セガ)やニンテンドーDSの『天誅 DARK SHADOW』(フロムソフトウェア)といった作品をこれまで開発してきたポリゴンマジックは、ゲーム向けの爆発や魔法といった視覚エフェクトを簡単に作成できるツールを開発、31日から売り出すということです。

新製品の「ブレンドマジック」はこれまで社内での開発に用いてたもので、通常であればデザイナーとプログラマーの連携が必要な、エフェクトの作成作業が新ツールであればデザイナーが一人でも可能となるそうです。サンプルが数十個あり、どのようなジャンルにも応用が効くということです。

対応ブラットフォームはWiiやPS2互換のアミューズメント基盤で、今後Xbox360やニンテンドーDSやPSPにも対応する予定だとのこと。

価格は初期費用が150万円で、次年度から年間50万円(いずれも税込み)。これらは新バージョンへのアップデートや技術サポートを含むということです。中小のソフトメーカーやゲーム専門学校をターゲットに、年間130本以上の販売を目指すとしています。

(8/28 12:36 対応プラットフォーム、価格、目標本数について訂正しました)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  2. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

    横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

  3. 【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

    【E3 2017】恐竜サバイバルMMO『Durango』試遊&インタビュー!―「お寿司は高級料理です」

  4. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  5. 【SIGGRAPH ASIA 2009】ゲームを作ってみよう!テニスゲームで考えるゲーム作りの歴史

  6. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  7. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  8. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  9. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

  10. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

アクセスランキングをもっと見る