人生にゲームをプラスするメディア

『マンハント2』表現の修正で「M」のレーティングを獲得、10月31日に米で発売へ

任天堂 Wii

過激な残虐表現が含まれているとして米国でAO(成人指定)、英国では発売禁止というレーティングを受けたWii向け『マンハント2』ですが、発売元のロックスター・ゲームスと親会社のテイク2インタラクティブは、表現を修正したバージョンを米国のレーティング機構ESRBに提出、17歳以上を対象とするM(Mature)のレーティングを獲得したと発表しました。

ゲームは当初の予定から遅れましたが、2007年10月31日に北米でリリースするということです。Wiiに加えてPS2とPSPでも発売予定です。

「『マンハント2』は私たちにとって重要なタイトルです。最終的に承認されたのはとても喜ばしいことです。私たちはホラーが大好きです。インタラクティブなストーリーで語られる『マンハント2』はきっとホラーファンに気にいって貰える作品になると思います」とロックスターの創業者でエグゼグティブプロデューサーのSam Houser氏は述べています。

『マンハント2』は新設されたロックスター・ロンドンスタジオと、前作を開発したロックスター・ノース、およびロックスター・トロントが共同で開発に当たっているゲームで、人間が殺しあうような内容が含まれていて、残虐表現が強すぎると批判を浴びていました。修正版でどのような形に変更されたかは明らかにされていません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』に隠された開発スタッフの“なくしもの”とは…その意外な正体が明らかに

    『スプラトゥーン2』に隠された開発スタッフの“なくしもの”とは…その意外な正体が明らかに

  2. 【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーとして最も選ばれたのは…!

    【読者アンケート】『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーとして最も選ばれたのは…!

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

    【特集】『スプラトゥーン2』Ver.1.4.0の注目ブキ8選!これからはこいつらが暴れる!?

  4. 【特集】マリオの意外な職業10選 ─ マリオは配管工をやめていたどころか、すごい職歴の持ち主だった!

  5. 『真・女神転生V』発表! スイッチ向けのシリーズ最新作はナンバリングタイトルに

  6. 『メダロット クラシックス』発売記念としてテレビアニメ「メダロット」の放送がAbemaTVにて決定

  7. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. 『ポケモン』の新たなアミューズメント景品が続々登場、これからの季節にあわせたデザインに

アクセスランキングをもっと見る