人生にゲームをプラスするメディア

『マンハント2』表現の修正で「M」のレーティングを獲得、10月31日に米で発売へ

任天堂 Wii

過激な残虐表現が含まれているとして米国でAO(成人指定)、英国では発売禁止というレーティングを受けたWii向け『マンハント2』ですが、発売元のロックスター・ゲームスと親会社のテイク2インタラクティブは、表現を修正したバージョンを米国のレーティング機構ESRBに提出、17歳以上を対象とするM(Mature)のレーティングを獲得したと発表しました。

ゲームは当初の予定から遅れましたが、2007年10月31日に北米でリリースするということです。Wiiに加えてPS2とPSPでも発売予定です。

「『マンハント2』は私たちにとって重要なタイトルです。最終的に承認されたのはとても喜ばしいことです。私たちはホラーが大好きです。インタラクティブなストーリーで語られる『マンハント2』はきっとホラーファンに気にいって貰える作品になると思います」とロックスターの創業者でエグゼグティブプロデューサーのSam Houser氏は述べています。

『マンハント2』は新設されたロックスター・ロンドンスタジオと、前作を開発したロックスター・ノース、およびロックスター・トロントが共同で開発に当たっているゲームで、人間が殺しあうような内容が含まれていて、残虐表現が強すぎると批判を浴びていました。修正版でどのような形に変更されたかは明らかにされていません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  5. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  6. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  8. 『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る