人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】 ゲームは攻めの発想に、カプコン辻本社長ほか(8/24)

ゲームビジネス その他

本日の朝刊。老舗の三越とファッションの伊勢丹が統合することが正式に発表されました。不信が続く老舗と、先進手法で業界をリードする伊勢丹、統合で業界トップの高島屋を抜き売上高でトップになります。ゲーム関連では次のような話題がありました。

日経産業新聞2面「PS3でTV録画 SCEが外付けチューナー」
SCE欧州法人がPS3でデジタル放送を録画する外付けのテレビチューナー機器を2008年初めに発売すると発表しました。名称は「PlayTV」で、欧州のデジタル放送規格「DVB-T」に対応し、ハイビジョンが質の映像をハードディスクに保存することができるうよになります。価格は未定。

日経産業新聞2面「ゲーム周辺機器 発熱・発煙の恐れ マイクロソフト」
マイクロソフトはXbox360の周辺機器「ワイヤレスレーシングホイール」が発熱・発煙する恐れがあると発表しました。世界で販売した全23万台が対象で、電源アダプターを接続して使用した場合、一部製品で起こり得るということです。対応が決まり次第サイトで告知するということです。

日本経済新聞9面「ゲーム、攻めの発想に カプコン辻本社長」
就任したばかりのカプコン、辻本社長のコメント。ゲームはもっと積極的に周辺分野に進出していくべきだとし指摘。「売れるソフトだけ作ればいいという発想では将来はない」とし、映画やアニメ、携帯電話などの分野に乗り込むことでコンテンツ産業全体で戦うべきで、それが知的財産の活用、「バランスシートには出ない隠れた企業価値を引き出すことになる」としています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  2. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

    ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  3. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

    東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

  4. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  5. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  6. 後にナムコとなる「中村製作所」を設立した中村雅哉氏が1月22日に逝去

  7. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  8. 『Google Earth VR』がストリートビューに対応!―お家に居ながら世界旅行気分

  9. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

  10. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

アクセスランキングをもっと見る