人生にゲームをプラスするメディア

マーベラス、第1四半期業績を発表

マーベラスエンターテインメントは平成20年3月期第1四半期業績を発表しました。それによれば、売上高は28億5900万円(前年同期比61.0パーセント増)、営業損失2億200万円、経常損失2億円、四半期純利益5億9200万円となりました。

ゲームビジネス その他
マーベラスエンターテインメントは平成20年3月期第1四半期業績を発表しました。それによれば、売上高は28億5900万円(前年同期比61.0パーセント増)、営業損失2億200万円、経常損失2億円、四半期純利益5億9200万円となりました。

デジタルコンテンツ事業では、前年度発売のニンテンドーDS向け『牧場物語 キミと育つ島』などが順調にリピート販売が進むと共に、PS2『びんちょうタンしあわせ暦』、PS2『オレンジハニー 僕はキミに恋してる』、Wii『名探偵コナン 追憶の幻想』、Wii『牧場物語 やすらぎの樹』、DS『川のぬし釣り こもれびの谷せせらぎの詩』などが新たに発売になりました。

また北米市場やRising Star Gamesを通じた欧州での販売も順調に推移したとのこと。

デジタルコンテンツ部門は売上高14億3800万円も営業損失1億0300万円です。

全体としてはゲーム事業では発売時に制作原価を一括計上していることから、6月にタイトルが集中した第1四半期では前年同期に比べて利益微増に終わったとのこと。アミューズメント事業での損益ま改善や、音楽映像部門でコンテンツ償却を前倒しした結果、グループ全体での営業利益、経常利益は前年同期を上回ったということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  2. 【イベント】先端技術を使ったバーチャリアリティが集結―IVRC東京予選大会

    【イベント】先端技術を使ったバーチャリアリティが集結―IVRC東京予選大会

  3. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

    【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  4. 消費税増税、ゲームセンターはどうなる? ネット上では騒動も

  5. 元スクウェア社長・武市智行氏が明かす“ローカルの未来に必要なこと”とは─「東京にこだわらない働き方」を語るトークイベントを開催

  6. 【CEDEC 2008】ネットワークゲームの開発と海外展開について

  7. 【セミナーレポート】スマホゲームのシナリオメイクはどうあるべきか?Wright Flyer Studios主催の業界交流イベント

  8. 「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

  9. アークサン・テクノロジーが提供するゲームのリバースエンジニアリングを防ぐソリューション

  10. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る