人生にゲームをプラスするメディア

マーベラス、第1四半期業績を発表

ゲームビジネス その他

マーベラスエンターテインメントは平成20年3月期第1四半期業績を発表しました。それによれば、売上高は28億5900万円(前年同期比61.0パーセント増)、営業損失2億200万円、経常損失2億円、四半期純利益5億9200万円となりました。

デジタルコンテンツ事業では、前年度発売のニンテンドーDS向け『牧場物語 キミと育つ島』などが順調にリピート販売が進むと共に、PS2『びんちょうタンしあわせ暦』、PS2『オレンジハニー 僕はキミに恋してる』、Wii『名探偵コナン 追憶の幻想』、Wii『牧場物語 やすらぎの樹』、DS『川のぬし釣り こもれびの谷せせらぎの詩』などが新たに発売になりました。

また北米市場やRising Star Gamesを通じた欧州での販売も順調に推移したとのこと。

デジタルコンテンツ部門は売上高14億3800万円も営業損失1億0300万円です。

全体としてはゲーム事業では発売時に制作原価を一括計上していることから、6月にタイトルが集中した第1四半期では前年同期に比べて利益微増に終わったとのこと。アミューズメント事業での損益ま改善や、音楽映像部門でコンテンツ償却を前倒しした結果、グループ全体での営業利益、経常利益は前年同期を上回ったということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. 貯金したらプレイが可能!?「スペースインベーダー ゲーム筐体型バンク」

    貯金したらプレイが可能!?「スペースインベーダー ゲーム筐体型バンク」

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  7. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  8. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  9. 日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

  10. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

アクセスランキングをもっと見る