人生にゲームをプラスするメディア

光のパズル『PRISM: Light the Way』がDSに/アイドス

英アイドス・インタラクティブは、ニンテンドーDS向けのパズルゲーム『PRISM: Light the Way』(プリズム ライト・ザ・ウェイ)を欧州で2007年9月に発売すると発表しました。国内での発売予定はありません。

任天堂 DS
PRISM: Light the Way
  • PRISM: Light the Way
  • PRISM: Light the Way
  • PRISM: Light the Way
  • PRISM: Light the Way
  • PRISM: Light the Way
英アイドス・インタラクティブは、ニンテンドーDS向けのパズルゲーム『PRISM: Light the Way』(プリズム ライト・ザ・ウェイ)を欧州で2007年9月に発売すると発表しました。国内での発売予定はありません。

光をテーマにしたパズルゲームで、イルミネーションのパターンを作ってパズルを解いていきます。130以上の用意されたパズルと、自動的に生成され事実上無限大のパターンがプレイできます。

「シンプルで誰でも遊べ、かつ中毒的なゲームプレイを提供します。DSはこのような、気軽にプレイできるゲームに最適で、2分間潰したいとか、ソファーでちょっと遊びたいなといった時には最高です」とアイドスのブランドマネージャーであるRay Livingston氏は述べています。

開発元は英国のGamesauceです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  6. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  7. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  8. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『どうぶつの森』新作がニンテンドースイッチで発表!

アクセスランキングをもっと見る