人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョン、好調の四半期業績を発表―『スパイダーマン』や『ギターヒーロー』などで

ゲームビジネス その他

米国の大手パブリッシャーの一角、アクティビジョンは2008年度第1四半期(〜6月30日)の業績を発表しました。それによれば、売上高は4憶8810万ドル(前年同期比263%増)、純利益は2780万ドル(前年同期は1830万ドルのマイナス)、希薄後1株当たり利益は0.09ドルでした。

会長兼CEOのRobert Kotick氏は「この4四半期で私たちは全世界で800万本以上のゲームを販売しました。2007年の上半期、私たちは米国における最大のパブリッシャーでした。これを受けて私たちは通期の業績予想を上方修正すると共に、営業利益率も過去最高になる見通しです」とコメントしています。

アクティビジョンが第1四半期にリリースした主要タイトルは、『ギターヒーローII』、『スパイダーマン3』、『シュレック・ザ・サード』などで、このうち『ギターヒーローII』と『スパイダーマン3』は米国でNPD Group調べの四半期におけるトップ3タイトルに入っています。また『シュレック』は5月と6月の子供向け映画タイトルのトップでした。

欧州でも好調で、『スパイダーマン3』は英国・ドイツ・フランスで、四半期のトップの家庭用ゲーム、携帯用ゲームだったそうです。

第2四半期も既に出荷を開始した『トランスフォーマー』や、『ギターヒーロー アンコール: ロック・ザ・80s』、『Enemy Territory: Quake Wars』などがあり、好調が期待できそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

    ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  3. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

    今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. 【CEDEC 2014】ゲーム開発を最適化するアセットパイプライン、基礎知識と構築のポイントを解説

  6. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  7. 【CEDEC 2011】女性視点でのゲーム運営 ― 『農園ホッコリーナ』がモバゲー女性ランキング1位になった理由

  8. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  9. 【CEDEC 2014】毎年3000万円を稼ぐサイバーコネクトツーの広報宣伝部、ファンを増やす好循環の作り方

  10. 今週発売の新作ゲーム『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』『大逆転裁判2 成歩堂龍ノ介の覺悟』『Shadow Tactics: Blades of the Shogun』『Patapon Remastered』他

アクセスランキングをもっと見る