人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョン、好調の四半期業績を発表―『スパイダーマン』や『ギターヒーロー』などで

ゲームビジネス その他

米国の大手パブリッシャーの一角、アクティビジョンは2008年度第1四半期(〜6月30日)の業績を発表しました。それによれば、売上高は4憶8810万ドル(前年同期比263%増)、純利益は2780万ドル(前年同期は1830万ドルのマイナス)、希薄後1株当たり利益は0.09ドルでした。

会長兼CEOのRobert Kotick氏は「この4四半期で私たちは全世界で800万本以上のゲームを販売しました。2007年の上半期、私たちは米国における最大のパブリッシャーでした。これを受けて私たちは通期の業績予想を上方修正すると共に、営業利益率も過去最高になる見通しです」とコメントしています。

アクティビジョンが第1四半期にリリースした主要タイトルは、『ギターヒーローII』、『スパイダーマン3』、『シュレック・ザ・サード』などで、このうち『ギターヒーローII』と『スパイダーマン3』は米国でNPD Group調べの四半期におけるトップ3タイトルに入っています。また『シュレック』は5月と6月の子供向け映画タイトルのトップでした。

欧州でも好調で、『スパイダーマン3』は英国・ドイツ・フランスで、四半期のトップの家庭用ゲーム、携帯用ゲームだったそうです。

第2四半期も既に出荷を開始した『トランスフォーマー』や、『ギターヒーロー アンコール: ロック・ザ・80s』、『Enemy Territory: Quake Wars』などがあり、好調が期待できそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  5. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  6. 【TGS2008】開幕まで8時間!幕張メッセに行ってみました

  7. 『LoL』ライアットゲームズ日本社長の乙部氏が語る、スタジオカルチャーとマニフェスト

  8. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  9. 【週間売上ランキング】新作が多数ランクイン『Wii Music』がトップ(10月13日〜19日)

  10. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

アクセスランキングをもっと見る