人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】 GT5はエンジンルームも再現、ソニーゲーム部門は苦戦続く(7月27日)

ゲームビジネス その他

本日の朝刊チェック。日経新聞には各社の研究開発費の話題が載っていました。トップ5はトヨタ自動車、ホンダ、松下電器、ソニー、日産と日本を代表する企業が並びます。

日経産業新聞2面「業務用ゲームとDSソフト連携 バンダイナムコ」
バンダイナムコゲームスは業務用ゲームと連携するニンテンドーDS向けソフト『たまごっちのプチプチおみせっち みなサンきゅ〜!』を9月に発売すると発表。アミューズメント施設などに設置した「データカードダス」と通信し、ゲーム内で使えるアイテムなどをダウンロードするものです。

日経産業新聞2面「レース車の内部も再現」
PS3『グランツーリスモ5プロローグ』を開発するポリフォニー・デジタルの山内一典氏のコメント。「車の造形にはものすごくこだわりました。PS3の性能を生かし、自動車の内装だけでなく、エンジンルームの中まできちんと再現しました」とのこと。今年のモーターショーで発表の新車も収録しているということです。ゲーム関連ではセガサミーが34位でした。

日本経済新聞11面「TV・ゲームは不振続く ソニー」
ソニーが26日に発表した2007年4-6月期の連結業績は営業利益が前年同期の3.8倍の993億円と好調でした。しかしテレビとゲーム事業では九千桃目立ちます。大根田CFOは「ゲームと電機の事業環境は5月の時点よりも慎重に見ざるを得ない」とコメント。ゲーム事業は4-6月期に292億円の営業赤字を計上しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

    【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  2. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

    【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  3. サイバーガジェットから本体と同時発売されたPSVita用アクセサリーを一挙紹介

    サイバーガジェットから本体と同時発売されたPSVita用アクセサリーを一挙紹介

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  6. 新しいステージに一緒に行ける人を募集・・・ゲームフリーク訪問記(後編)

  7. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  8. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  9. 【TGS2017】PS4一億台の普及に向けて、さまざまな努力を続けていくーSIE吉田修平氏インタビュー

  10. 日本初(?)のUnreal Engine 4を使ったモバイルゲームをたった一人で開発 『ダンジョン&バーグラー』のヒストリアを直撃

アクセスランキングをもっと見る