人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】 GT5はエンジンルームも再現、ソニーゲーム部門は苦戦続く(7月27日)

ゲームビジネス その他

本日の朝刊チェック。日経新聞には各社の研究開発費の話題が載っていました。トップ5はトヨタ自動車、ホンダ、松下電器、ソニー、日産と日本を代表する企業が並びます。

日経産業新聞2面「業務用ゲームとDSソフト連携 バンダイナムコ」
バンダイナムコゲームスは業務用ゲームと連携するニンテンドーDS向けソフト『たまごっちのプチプチおみせっち みなサンきゅ〜!』を9月に発売すると発表。アミューズメント施設などに設置した「データカードダス」と通信し、ゲーム内で使えるアイテムなどをダウンロードするものです。

日経産業新聞2面「レース車の内部も再現」
PS3『グランツーリスモ5プロローグ』を開発するポリフォニー・デジタルの山内一典氏のコメント。「車の造形にはものすごくこだわりました。PS3の性能を生かし、自動車の内装だけでなく、エンジンルームの中まできちんと再現しました」とのこと。今年のモーターショーで発表の新車も収録しているということです。ゲーム関連ではセガサミーが34位でした。

日本経済新聞11面「TV・ゲームは不振続く ソニー」
ソニーが26日に発表した2007年4-6月期の連結業績は営業利益が前年同期の3.8倍の993億円と好調でした。しかしテレビとゲーム事業では九千桃目立ちます。大根田CFOは「ゲームと電機の事業環境は5月の時点よりも慎重に見ざるを得ない」とコメント。ゲーム事業は4-6月期に292億円の営業赤字を計上しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  3. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  4. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  5. ESA代表「NPDの月刊レポートは業界の害悪」

  6. 『マインクラフト』生みの親、VRとボクセルアートを組み合わせた「Unmandelboxing」を発表

  7. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  8. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  9. ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS

  10. 「オトメイト」でお馴染み高木亜由美氏が独立、新会社イチカラム設立

アクセスランキングをもっと見る