人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、第1四半期業績を発表―Wiiは3ヶ月間で343万台

ゲームビジネス その他

任天堂は25日、平成20年3月期第1四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高3404億3900万円(前年同期: 1309億1900万円)、営業利益906億3100万円(同: 288億0200万円)、経常利益1314億4900万円(同: 326億7000万円)、純利益802億5100万円(同: 155億5100万円)となり、いずれの数値も昨年を大きく上回る好業績でした。

第1四半期(4月1日〜6月30日)は、ニンテンドーDSが全世界で698万台(累計4727万台)となり、対応ソフトでも『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』も355万本(累計876万本)となったほか、定番タイトルも好調に推移しました。対応ソフトは計3426万本。

据え置き型のWiiの販売台数は343万台(累計927万台)となり、対応ソフトでは『スーパーペーパーマリオ』や『マリオパーティ8』がミリオンセラーとなったほか、定番タイトルである『Wii Sports』なども好調でした。対応ソフトは計1598万本でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

    AIが作ったゲームを遊ぶ日がくる―『がんばれ森川君2号』森川幸人氏が語るゲームとAIの未来

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

    「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  4. 「BitSummit Volume 6」総来場者数が発表―10,740人と過去最高に!

  5. 『モンハン』一緒に寝たい!「寝そべりぬいぐるみ」登場

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  8. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  9. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  10. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

アクセスランキングをもっと見る