人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、第1四半期業績を発表―Wiiは3ヶ月間で343万台

ゲームビジネス その他

任天堂は25日、平成20年3月期第1四半期の業績を発表しました。それによれば、売上高3404億3900万円(前年同期: 1309億1900万円)、営業利益906億3100万円(同: 288億0200万円)、経常利益1314億4900万円(同: 326億7000万円)、純利益802億5100万円(同: 155億5100万円)となり、いずれの数値も昨年を大きく上回る好業績でした。

第1四半期(4月1日〜6月30日)は、ニンテンドーDSが全世界で698万台(累計4727万台)となり、対応ソフトでも『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』も355万本(累計876万本)となったほか、定番タイトルも好調に推移しました。対応ソフトは計3426万本。

据え置き型のWiiの販売台数は343万台(累計927万台)となり、対応ソフトでは『スーパーペーパーマリオ』や『マリオパーティ8』がミリオンセラーとなったほか、定番タイトルである『Wii Sports』なども好調でした。対応ソフトは計1598万本でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  2. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

    今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

  3. 制作手法から宣伝・販売まで「ノベルゲーム制作実践テクニック」・・・IGDA日本 SIG-Indie 第5回研究会

    制作手法から宣伝・販売まで「ノベルゲーム制作実践テクニック」・・・IGDA日本 SIG-Indie 第5回研究会

  4. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  5. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

  6. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  7. 【プレイレポ】アイテムを使うだけでも楽しい!『マリオカート アーケードグランプリVR』の臨場感が桁外れ

  8. DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

  9. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

  10. 『バトルフィールド4』が首位、上位勢も粘る・・・週間売上ランキング(11/4~11/10)

アクセスランキングをもっと見る