人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、業績予想を上方修正―売上高は1兆4000億円見込み

ゲームビジネス その他

任天堂は25日、平成20年3月期連結業績予想を、ニンテンドーDSやWiiが引き続き好調に推移していることや、円安傾向が続いている事を受け、大幅に上方修正すると発表しました。任天堂は今期初めて売上高が1兆円を突破する見込みです。

修正後の連結の通期売上高は1兆4000億円(修正前:1兆1400億円)、営業利益は3700億円(同:2700億円)、経常利益は4100億円(同:2900億円)、純利益は2450億円(1750億円)となります。中間期では売上高6400億円(4600億円)、営業利益1600億円(850億円)、経常利益1800億円(850億円)、純利益1050億円(500億円)となりました。

また、配当予想についても前回予想の中間140円、期末560円の計700円から、中間140円、期末820円の合計960円に修正しています。

前提となる為替レートは1ドル115円から118円に、1ユーロは150円から155円へと変更されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  2. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  3. 「モーションポートレート」で表情豊かに・・・コンパイルハート『アガレスト戦記ZERO』インタビュー

    「モーションポートレート」で表情豊かに・・・コンパイルハート『アガレスト戦記ZERO』インタビュー

  4. 今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

  5. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  6. レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

  7. 【NDC17】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  8. 世界が終わらない限り「Unity」はなくならない・・・Unite Japan基調講演

  9. ヒューマンアカデミー、クリエイティブ業界に特化した合同説明会を札幌で開催─求職者と企業を直接結ぶ

  10. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

アクセスランキングをもっと見る