人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、業績予想を上方修正―売上高は1兆4000億円見込み

ゲームビジネス その他

任天堂は25日、平成20年3月期連結業績予想を、ニンテンドーDSやWiiが引き続き好調に推移していることや、円安傾向が続いている事を受け、大幅に上方修正すると発表しました。任天堂は今期初めて売上高が1兆円を突破する見込みです。

修正後の連結の通期売上高は1兆4000億円(修正前:1兆1400億円)、営業利益は3700億円(同:2700億円)、経常利益は4100億円(同:2900億円)、純利益は2450億円(1750億円)となります。中間期では売上高6400億円(4600億円)、営業利益1600億円(850億円)、経常利益1800億円(850億円)、純利益1050億円(500億円)となりました。

また、配当予想についても前回予想の中間140円、期末560円の計700円から、中間140円、期末820円の合計960円に修正しています。

前提となる為替レートは1ドル115円から118円に、1ユーロは150円から155円へと変更されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【読者の声】2017年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    【読者の声】2017年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』

    年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』

  3. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  4. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  5. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  6. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

  7. 京都銀行が給与振込みミス、任天堂の2200人総額5億4000万円

  8. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  9. コーエーテクモホールディングスの組織変更及び人事異動で“Team NINJA”が再編へ

  10. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

アクセスランキングをもっと見る