人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の時価総額が国内10位に、ソニーを抜く

ここのところ上昇傾向にある任天堂の株価ですが、株主総会が開催された28日は終値が前日比+950円の45050円、時価総額に換算すると6兆3800億円となり、6兆2400億円のソニーを抜き、国内の上場銘柄の中で初めてトップ10(10位)となりました。

ゲームビジネス その他
ここのところ上昇傾向にある任天堂の株価ですが、株主総会が開催された28日は終値が前日比+950円の45050円、時価総額に換算すると6兆3800億円となり、6兆2400億円のソニーを抜き、国内の上場銘柄の中で初めてトップ10(10位)となりました。

任天堂の時価総額は25日の場中に一時ソニーの時価総額を抜きましたが、反落し、終値での逆転は今日が初めてとなります。

国内の上場銘柄の時価総額トップ10は、トヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、キヤノン、NTTドコモ、三井住友フィナンシャルグループ、日本電信電話(NTT)、ホンダ、武田薬品工業、任天堂という風になっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『ガルパ』開発・運営の「Craft Egg」がヒューマンアカデミー秋葉原校に! 企画やシナリオ、キャラデザなどの制作秘話を披露

    『ガルパ』開発・運営の「Craft Egg」がヒューマンアカデミー秋葉原校に! 企画やシナリオ、キャラデザなどの制作秘話を披露

  2. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  3. VR脱出ゲーム『ラストラビリンス』発表! 場所は閉じ込められた館、隣には少女が

    VR脱出ゲーム『ラストラビリンス』発表! 場所は閉じ込められた館、隣には少女が

  4. 『LUX-PAIN』『Another Time Another Leaf』などのキラウェアが倒産

  5. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  6. 2018年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 『初音ミク』に見る、2次元から3次元への連結・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第24回

  8. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  9. 編集部が選ぶ「E3 Japan Awards 2017」受賞タイトルを発表!

  10. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

アクセスランキングをもっと見る