人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の時価総額が国内10位に、ソニーを抜く

ゲームビジネス その他

ここのところ上昇傾向にある任天堂の株価ですが、株主総会が開催された28日は終値が前日比+950円の45050円、時価総額に換算すると6兆3800億円となり、6兆2400億円のソニーを抜き、国内の上場銘柄の中で初めてトップ10(10位)となりました。

任天堂の時価総額は25日の場中に一時ソニーの時価総額を抜きましたが、反落し、終値での逆転は今日が初めてとなります。

国内の上場銘柄の時価総額トップ10は、トヨタ自動車、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、キヤノン、NTTドコモ、三井住友フィナンシャルグループ、日本電信電話(NTT)、ホンダ、武田薬品工業、任天堂という風になっています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

    VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  2. 来年末にも噂される「プレイステーション4」、PS専門誌が特集した内容とは?

    来年末にも噂される「プレイステーション4」、PS専門誌が特集した内容とは?

  3. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

    ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  4. 『Google Earth VR』がストリートビューに対応!―お家に居ながら世界旅行気分

  5. 今週発売の新作ゲーム『ソニックフォース』『Xbox One X』『NEED FOR SPEED PAYBACK』『仁王 Complete Edition』他

  6. 【PAX East 2015】Steam急拡大、ゲーマー拡大中、男女比は逆転しそう?、データでゲーム業界を知る「Awesome VideoGame Data」

  7. FFシリーズ20周年記念作品『ディシディア ファイナルファンタジー』本日発売!店頭では朝から長蛇の列!

  8. 任天堂はなぜレア社株を売却したのか

  9. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る