人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】 時価総額・一時任天堂がソニーを上回る、バンナムグループ連携など(6月26日)

ゲームビジネス その他

本日の朝刊チェックです。本日の紙面、「任天堂、ソニー 一時上回る」という記事が出ていました。一時、任天堂が時価総額でソニーを上回りました。ニンテンドーDSやWiiの好調で、株価は上昇の一途です。その他、バンダイナムコのグループ連携といった話もありました。詳しくは紙面をどうぞ。

日本経済新聞12面「任天堂、ソニー 一時上回る 高値更新で時価総額上昇」
昨日、任天堂の時価総額が一時ソニーを上回りました。反落し、終値ベースでは戻りましたが、差は1000億円を切りました。東証上場企業全体でもソニーが10位、任天堂が10位となっています。「ゲームの新市場開拓力を評価し、米アップルなどとイメージを重ねる海外投資家もある」(アナリスト)とのこと。

日経産業新聞2面「ヒット玩具 ゲームや施設に バンダイナムコ」
バンダイナムコの「トレジャーガウスト」についての記事。ヒット玩具からニンテンドーDS向けゲームや、アミューズメント施設への展開が決定。グループ共同でヒット作品を活用していく方針。元々液晶画面に表示されるお化けを釣り上げる携帯ゲーム。これまでに43万台が販売されたそうです。DSでは7月5日に、ナンジャタウンでは14日から展開。

日刊工業新聞9面「セカンドライフ内に企業向け物産館 ニイプロ」
福岡のニイプロがレゾナント・ソリューションズ(大分市)と企業や自治体を対象とする物産館をセカンドライフ内に開設。賃貸料は2-3万円/月を予定。

日経産業新聞2面「アニメ・ゲームの楽曲サイト開設 ドワンゴ」
ドワンゴが携帯電話の呼び出し音を設定できるドコモの「メロディコール」でゲームやアニメの楽曲を提供するサイト「アニメロコックス♪コール」を開設。ゲームやアニメのテーマソングや有名声優のボイスを提供。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  2. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  3. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

    ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  4. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

  6. マリオファクトリー南柏店レポート

  7. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  8. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  9. 【Unite Japan 2014】プロシージャルがウリの3Dツール「Houdini」とUnityの連携がワークフローにもたらすもの

  10. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る