人生にゲームをプラスするメディア

DSやPSPも使える個人認証ASPサービスが登場

任天堂 DS

PHSやDSでも利用できるワンタイムパスワード、
「社員1万人でも トークン0円」の料金プランを開始


パスロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 秀治)は、個人認証の代行サービスである「パスロジ!ASP」に、企業内利用向けの料金体系を設定するとともに、マルチデバイスに対応するトークンアカウント機能を、本日より提供開始いたします。

■ 社員が何名でも、トークン費用は無料。初期費用は 3,150円 ■

今回の料金体系では、トークンアカウント・トークンソフトウェア費用が無料なため、どのような規模の企業でも「初期設定費3,150円(税込)」のみで利用開始できます。月額料金も、「10人で1,995円」「100人で5,775円」(1人あたり平日1日1回の利用の場合、税込)とお手軽です。さらに、認証費用を固定化したい企業向けに、「Aプラン」「Bプラン」の2つの月額料金固定プランを用意いたしました。

「Aプラン」の場合、何回認証をご利用いただいても、10人限定で2,625円の固定料金となります。活発なユーザが多い場合や、お試し導入には、このプランがお得です。

「Bプラン」の場合、何名でご利用いただいても、「月額 54,075円」の固定料金となります。たとえば、1万人を超える大企業・団体であっても、月額14,075円で、世界最高水準のワンタイムパスワードをご利用いただけます。

■ PHSやDSをトークンにできる、マルチデバイス対応機能 ■

新技術「マルチデバイストークンアカウント機能」により、ドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話の他、ウィルコムのフルブラウザ搭載PHS、シンクライアントPC、ノートPC、デスクトップPC、PDA、PSP、ニンテンドーDS等を「ワンタイムパスワードトークン」として利用できます。

現在ご利用中の機器をそのままトークンとして利用できるため、持ち物を増やさず、配布手間も無く、ユーザフレンドリーに、ワンタイムパスワードをご導入いただけます。特に、ブラウザ内蔵のPHSに対応したことにより、PHSを内線システムとして採用している医療機関や企業において、高いコストパフォーマンスが期待できます。

■ Interop Tokyo 2007 で、アワードにノミネート ■

「パスロジ!ASP」は、6月13日より幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2007」にて、「迷惑メール完全防止ecomail 」とともに展示される予定です。また、当展示会の「Best of Show Award」のプロダクトアワード部門(情報セキュリティ製品)に、「パスロジ!ASP」がノミネートされています。ぜひ、ご来場いただき、その使いやすさをご評価ください。

* * *


■ パスロジ!ASP サービスの特徴

「パスロジ!ASP」は、国産でありながら、セキュリティの高さ・コストの低さ・ユーザの使いやすさを兼ね備え、ロジック的に弱点が無い、鍛え抜かれたワンタイムパスワード認証サービスです。

= 強力なセキュリティ =
ASPサービス単独で2要素2経路を実現しており、他社の追随を許さない、世界最高水準のセキュリティを提供します。一般的な通信環境であれば、100%のセキュリティを実現します。(日本・韓国・米国にて特許取得済み、欧州他各国で特許申請済み)

= マルチデバイストークン = ※企業内での利用限定となります
標準の「携帯電話トークン」の他、ウィルコムのフルブラウザ搭載PHS、PDA、パソコン、携帯ゲーム機などを「ワンタイムパスワードトークン」として利用できます。利用者の持ち物を増やさず、トークンの配布手間もかかりません。

= 優れたユーザビリティ =
携帯電話をトークンとして使用した場合でも、携帯電話側でキー入力をする作業は不要であり、「ボタンを押すだけ」という、ユーザビリティ面でもたいへん優れたシステムです。

= 携帯向けサイトでも利用可能 =
携帯電話をトークンとして使用した場合でも、携帯向けサイトやWEBアプリケーションの認証にシームレスにご利用いただけます。「パスワードそのものをワンタイム化する」という、パスロジック方式ならではの機能です。

= APIを公開しているため、導入手間が少ない =
小企業でも簡単に導入できるAPI設計となっており、標準で1〜2日で対応可能です。APIは、どなたにでも公開しており、開発者登録をしていただければ、「パスロジ!ASP」対応機器・ソフトウェアの開発を自由におこなうことができます。

= 安定性・可用性が高い =
ASPサービスは、高速、ノンストップ型のシステムを構築し、可用性を高めております。


■ パスロジ!ASP 料金表 (消費税別)

1.基本料金
  ボックス設定   3,000円 (初回・設定変更時)
  ボックス利用   1,500円 (1ボックスあたり、月額)
  認証         2円 (認証成功1回あたり)
2.企業内利用限定、料金固定Aプラン
  ユーザ数の上限を制限し、料金を毎月固定にするプランです。
  → 10ユーザパック 月額 1,000円(※1秒間の認証可能数は1回まで)
3.企業内利用限定、料金固定Bプラン
  認証数やユーザ数にかかわらず、料金を毎月固定にするお得なプランです。
  → 認証定額プラン 月額 50,000円(※1秒間の認証可能数は5回まで)


■ 関連リンク

プレスリリース(pdf)  http://www.passlogy.com/pdf/20070606.pdf
パスロジ!ASP     http://www.patp.jp/
Interop Tokyo 2007  http://www.interop.jp/
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

    『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  2. 3DS向けVC版『ポケモン クリスタルバージョン』が2018年1月26日に配信―「セレビィ」がモバイルアダプタ無しでGET可能!

    3DS向けVC版『ポケモン クリスタルバージョン』が2018年1月26日に配信―「セレビィ」がモバイルアダプタ無しでGET可能!

  3. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』ネクロズマの未知の姿「ウルトラネクロズマ」を大紹介! “UB:STINGER”アーゴヨンの詳細も

    『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』ネクロズマの未知の姿「ウルトラネクロズマ」を大紹介! “UB:STINGER”アーゴヨンの詳細も

  4. 女装キャラコンテスト2017結果発表!1位に輝いた女装男子は彼!【読者アンケート】

  5. 『スプラトゥーン2』遂に「ハコフグ倉庫」が復活!前作と変わらぬ姿に懐かしさがこみ上げる…

  6. ファミコン版とはひと味違う! アケアカ『VS.スーパーマリオブラザーズ』、スイッチ向けに12月22日配信

  7. ニンテンドーeショップとPS Storeにて「空前絶後の大セガ祭り」開催、対象DLタイトルが最大74%オフに

  8. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  9. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  10. 『ゼノブレイド2』アプデ内容と共に、一周目では未加入のブレイドが仲間になるなど、「二周目要素」の詳細が公開!

アクセスランキングをもっと見る