人生にゲームをプラスするメディア

アーケード版『リズム天国』を触ってきました

ゲームビジネス その他

ゲームボーイアドバンスで2006年に発売されたノリ感UP↑ゲーム『リズム天国』が任天堂とセガとのコラボレーションでアーケードゲームとして登場することになりました。そのロケテストが5月31日〜6月3日の期間で池袋GIGOにて開催されました。最終日となった本日、遊びに行ってきましたので紹介します。

池袋GIGOは池袋駅の東口から出て、サンシャインシティに向かう道、東急ハンズの手前にあり、非常に人通りの多い一帯にあります。GIGOの店頭に置かれたプレイ台には多くの注目が集まっていました。





アーケードで登場するということで最大の特徴は2人プレイに対応したいということでしょうか。2人でプレイする場合は、画面を分割してそれぞれでプレイしたり、交互にプレイしたりという形で、ミニゲームによって異なるようです。カップルなど2人で仲良くリズムに乗って遊ぶというのはなかなかイケそうでした。

今回プレイできたミニゲームはGBA版と変わらないので4ステージまで、4×4=16とそれぞれのリミックスで計20のミニゲームが遊べました。

料金体系としては1プレイ2回のクレジットがもらえ、ミニゲームで「パーフェクト」を取るとクレジットが1回増えます。「平凡」だと減ります。上手くリズムに乗っていると何回も遊べます。このあたりのバランス調整は難しそうで、今回は少し厳しめのようでしたが、慣れたユーザーだと何度も遊べて、一人のプレイ時間は結構長めになっていました。

ロケテストではプレイ台の横に大きな画面が置かれていて、隣のクレープ屋に並んでる人や道行く人にもゲームが見やすいようになってました。分かり易いゲーム性とコミカルなイラストはどうも好評なようで、沢山の人が足を止めてゲームを見て、ノリノリになってました。最初発表された際にはどうなるか不安でしたが、その光景を見ると上手く行くんじゃないかと感じました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

    今週発売の新作ゲーム『大神 絶景版』『DOOM VFR』『リディー&スールのアトリエ 不思議な絵画の錬金術士』他

  2. 【GDC2010】巨大なオープンワールドゲームを少数精鋭チームで作る方法・・・『inFAMOUS』開発元

    【GDC2010】巨大なオープンワールドゲームを少数精鋭チームで作る方法・・・『inFAMOUS』開発元

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  5. 【GDC2015】Epic Games、ゲームエンジン「Unreal Engine 4」の無料化を発表

  6. 980円の折り畳み式スマホ用VRヘッドセットが登場…メガネOK、タッチ操作も可能

  7. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  8. バンダイナムコ、家庭用ゲームが大苦戦・・・通期業績

  9. 「世界に誇れる日本企業」トップ10にソニーと任天堂がランクイン

  10. ゾンビになって映画を一足先に体験!?VR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』5月24日配信

アクセスランキングをもっと見る