人生にゲームをプラスするメディア

【速報】任天堂とセガ『マリオ&ソニックin北京オリンピック(仮)』製作発表!

任天堂とセガは『マリオ&ソニックin北京オリンピック(仮)』制作・販売で協力されることが判明しました!気になる対応機種はWiiとニンテンドーDSの2機種です。

ゲームビジネス その他
任天堂とセガは『マリオ&ソニックin北京オリンピック(仮)』制作・販売で協力されることが判明しました!気になる対応機種はWiiとニンテンドーDSの2機種です。

ニュースリリースによると気になるゲーム内容は以下のようです。
『マリオ&ソニックin北京オリンピック(仮)』では、プレイヤーはマリオやソニックをはじめ、ルイージ、ナックルズ、ヨッシー、テイルス達から好きなキャラクターを選び、2008北京オリンピックの公式会場さながらの雰囲気の中で、競技種目を楽しむことができます。WiiとニンテンドーDSの斬新なコントロール・システムを活かすことで、プレイヤーは好きなキャラクターを操作し、マリオやソニック達とオリンピックの金メダルを賭けて陸上100m、水泳競技、卓球などにチャレンジできます。

「このようにかつてないタイトル制作で任天堂およびISMとパートナーシップを組めることに感激しています。世界で最も強力なキャラクターがタッグを組み、ゲームという形で世界最高のイベントに参加できることに、この上なく興奮しています」と、セガの代表取締役社長兼COOである小口久雄は述べています。

「両社それぞれを代表するキャラクター、ソニックとマリオは長い間にわたりビデオゲームの世界で良きライバルとして存在してきました。いつかは競演できるチャンスがあるだろうと、お互い相談を繰り返してきたのですが、この度、オリンピックゲームという最高の機会を得て、実現することになりました。ソニックとマリオのどちらが速いか?実際に遊んでみて、その目でご確認ください。」と任天堂の代表取締役専務である宮本茂は述べています。

任天堂を代表するマリオとセガを代表するソニックが互いに夢の共演する初めてのゲームソフトです!詳しくは任天堂公式サイトのニュースリリースをご覧下さい!ハードル走をやっているマリオとソニックのゲームタイトルロゴが確認出来ます。
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドーDSに複数タイトル体験可能な新型試遊台が登場

    ニンテンドーDSに複数タイトル体験可能な新型試遊台が登場

  2. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  3. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

    【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

  4. 【売上ランキング】 トップは『シーマン2』が獲得、商戦機を前に寂しい一週間(10/15-21)

  5. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  6. 「CRI ADX2」が実現した11人分の“理想の声”―『キャサリン・フルボディ』の緻密なサウンドデザインを開発陣に訊く

  7. 国産クラウドでも海外展開できる!台湾で100万人を超えるユーザーを獲得『アンライト~Unlight』の事例

  8. 今週発売の新作ゲーム『Anthem』『逆転裁判123 成歩堂セレクション』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』他

  9. セガ、新社長に現・常務取締役の鶴見尚也氏が就任 ― グループ会社人事を刷新

  10. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

アクセスランキングをもっと見る