人生にゲームをプラスするメディア

東京ゲームショウの開催概要が発表に―今年は9月下旬に4日間

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、今年の「東京ゲームショウ2007」の開催概要を発表しました。今年も日経BPとの共催で、既にお知らせしている通り会期を一日延長して、9月20日〜23日に幕張メッセにて開催されます。これまでに10回を数えてきた東京ゲームショウはビジネスデイの拡大でトレードショウとしての機能の充実で世界最大のエンタテイメントショウを目指します。

ゲームビジネス その他
CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、今年の「東京ゲームショウ2007」の開催概要を発表しました。今年も日経BPとの共催で、既にお知らせしている通り会期を一日延長して、9月20日〜23日に幕張メッセにて開催されます。これまでに10回を数えてきた東京ゲームショウはビジネスデイの拡大でトレードショウとしての機能の充実で世界最大のエンタテイメントショウを目指します。



・ビジネスデイの充実
・一層の国際化
・ユーザーの拡大と満足度向上

CESAでは今年のゲームショウに3つのビジョンを掲げています。ビジネスデイを今年から2日間として、商談の出来る環境を整えると共に、ゲーム開発における資金調達など、これまでカバーしてなかった領域も取り扱って生きます。国際化では日本語以外での情報発信の拡大や国内外関係者の交流の場の新設などが行われます。

「CESAおよび日経BP社は、東京ゲームショウが、コンピュータエンターテインメントの最新情報を発信する場であると同時に、世界中の人々に感動と夢と希望を与える場となるよう、努力してまいります。
これからの10年へ。新たなステージに向けスタートを切る東京ゲームショウ2007に、ご期待ください」

とのこと。

・予定来場者数:18万人
・募集小間数:1550小間
・予定出展社数:160社
・実施予定コーナー
 一般展示
 モバイルコンテンツコーナー
 ゲームスクールコーナー
 キッズコーナー
 物販コーナー
 ビジネスソリューションコーナー(新設)
・入場料 前売 1000円・当日 1200円 (小学生以下入場無料)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

    2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  3. 2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

    2017年の「日本長者番付」が発表―コエテク襟川夫妻が40位に初ランクイン

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  6. 【台北ゲームショウ2016】寺田貴信氏が『スパロボ』誕生や参戦作品について語った「寺田の趣味では・・・」

  7. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  8. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  9. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  10. 世界で戦うスマホゲーム『サムライディフェンダー』を収益で支えるタップジョイの広告ソリューション「nGEN」

アクセスランキングをもっと見る