人生にゲームをプラスするメディア

堀井雄二氏のCreator's VoiceがTouch-DSに掲載

先日『ドラゴンクエスト9 星空の守り人』を発表したばかりのゲームデザイナーの堀井雄二氏のCreator's VoiceがニンテンドーDSのプロモーションサイトTouch-DS.jpに掲載されています。内容は12月28日に発売されるDS向け『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』に関するものとなっていて「9」への言及はありません。

任天堂 DS
先日『ドラゴンクエスト9 星空の守り人』を発表したばかりのゲームデザイナーの堀井雄二氏のCreator's VoiceがニンテンドーDSのプロモーションサイトTouch-DS.jpに掲載されています。内容は12月28日に発売されるDS向け『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』に関するものとなっていて「9」への言及はありません。

ジョーカーについては

「今回は前作からかなり時間が経っています。その途中に「ドラゴンクエストVIII」を出していることもあって、新しいモンスターをかなり増やすことができました。つまり配合パターンを一新できたわけです。それに、3Dが実現できるとわかったんで、「これはきっと楽しいものができるんじゃないか」と実感しました。 多少お話の部分も期待されちゃうと思うんですが、今回はこれまでのシリーズより、お話も入っています。外伝なので本編と比べてしまうと小粒ですが、ストーリーで楽しめて、モンスターを集めて楽しめる。で、ひととおりストーリーが終わった後でも、永遠に遊べるゲームになっているというわけです。 」

ドラゴンクエストらしさについては

「自分で作ってるからよくわからないんですよ(笑)。一人のプレイヤーとしてやってみて、わかりにくい部分は、わかりやすくするし、おもしろくないと思った部分は削っていく。そういうスタンスですね。ただ、気にかけているのは、殺伐としたものにはしないということ。ニヤっとできて、わくわくできる、そういう感じ。それが自分にとっても、一番心地いい世界なんですよ。 さらに、DQMはどちらかというと、システム寄りのゲームなので、あまりシナリオに詰まるということのないようにしています。シナリオの流れはしっかり作ってあるけれども、システムの部分でしっかり楽しめるという作り方にしています。」

という風にコメントしています。興味深い部分が多いインタビューですので、是非ともご覧下さい。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Switch Online」に加入した? それとも見送った?─任天堂の有料サービスに対する読者の声を大募集【アンケート】

    「Nintendo Switch Online」に加入した? それとも見送った?─任天堂の有料サービスに対する読者の声を大募集【アンケート】

  2. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

    『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  3. 『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「トリック vs トリート」はトリック派が多数!【読者アンケート】

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

  6. マリオになれるマスクやまさにそのまま「ヨッシーのクッキー」─会場で販売する限定品や先行品をいち早く披露

  7. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  8. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  9. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

  10. 「Nintendo Switch Online」利用権は、マイニンテンドーゴールドポイントでも購入可能─ソフトを買ってお得にオンラインプレイ!

アクセスランキングをもっと見る