人生にゲームをプラスするメディア

元米国任天堂の荒川實社長とリンカーン会長がAIAS生涯功労賞を受賞

ゲーム開発者やメーカーで作る非営利の学術研究団体であるAcademy of Interactive Arts and Sciencesは毎年、ゲーム関連で重要な功績に対して賞を贈るInteractive Achievement Awardsを主催していますが。中でもその生涯を通じて多大な貢献をした人物に贈る生涯功労賞(Lifetime Achievement Awards)について、今年は任天堂オブアメリカの創業者で2002年に退任した荒川實氏と、荒川氏と共に長年に渡って事業を支え、現在は大リーグマリナースのCEOを務めるハワード・リンカーン氏が受賞することが決定しました。

ゲームビジネス その他
ゲーム開発者やメーカーで作る非営利の学術研究団体であるAcademy of Interactive Arts and Sciencesは毎年、ゲーム関連で重要な功績に対して賞を贈るInteractive Achievement Awardsを主催していますが。中でもその生涯を通じて多大な貢献をした人物に贈る生涯功労賞(Lifetime Achievement Awards)について、今年は任天堂オブアメリカの創業者で2002年に退任した荒川實氏と、荒川氏と共に長年に渡って事業を支え、現在は大リーグマリナースのCEOを務めるハワード・リンカーン氏が受賞することが決定しました。

荒川實氏は1946年京都生まれ、京都大学大学院、マサチューセッツ工科大学を経て総合商社の丸紅に入社。任天堂の山内溥相談役の長女・陽子氏と結婚、80年に丸紅を退社して渡米、米国法人・任天堂オブアメリカを設立、任天堂の海外事業を指揮し2002年まで社長を務めました。任天堂が新体制になるのに合わせて退任し、隠居生活の傍ら携帯向けのコンテンツ配信会社などに関わっているようです。

ハワード・リンカーン氏は1940年カリフォルニア州に生まれ、カリフォルニア大学バークレー校のロースクールを卒業後、海軍の法務官となり除隊後にシアトルの弁護士事務所で勤務中に任天堂オブアメリカの案件に携わるようになり、荒川氏の誘いで82年に法務担当の副社長として入社、その後経営を支え最終的には会長。現在は任天堂が所有する大リーグマリナーズのCEOを務めています。

「1985年にニューヨークで私が最初の任天堂マシンを売った時から、最高のヒットだった、と言えたらどんなに素晴らしかったことでしょう。もちろんそんな良い状態ではありませんでした。ビデオゲームが世界中で何百万人もの人に支持されるというところまでこれほど急速に成長したという事実は満足させられるものであると同時に、ちょっと驚かされます」と荒川氏はコメントしています。

「これほど早いスピードで富が移動していくビジネスは他にはないでしょう。そしてそれがまたとても面白いのは。創造性に賭けて、新たしいハードが到着する度に場をシャッフルしてベットする、これはまさにエンターテイメント産業です」とハワード・リンカーン氏は述べています。

授賞式はD.I.C.E.サミットに合わせて2007年2月8日に開催されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

    トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

  2. 『BASARA』や『アイルー』の好調も・・・カプコン業績予想を下方修正

    『BASARA』や『アイルー』の好調も・・・カプコン業績予想を下方修正

  3. 5pb.、Xbox 360『怒首領蜂 大往生』がソースコードを盗用し制作したものだったとして謝罪

    5pb.、Xbox 360『怒首領蜂 大往生』がソースコードを盗用し制作したものだったとして謝罪

  4. ゲームの新たなエンターテイメントを 史上初「賞金付きゲーム競技リーグ」を送り出すワンダーリーグを直撃

  5. 任天堂が株主総会を開催

  6. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  7. 【GDC2010】任天堂、坂本賀勇氏が初めて明かすゲーム作りのアプローチ

  8. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  9. 【TGS 2012】IGDA日本がCEDECに引き続き、TGSでもスカラーシップを開催

  10. プラチナゲームズ、三並達也が社長を退任

アクセスランキングをもっと見る