人生にゲームをプラスするメディア

ワーナーがCodemasters作品を米国での流通を獲得―ゲーム事業を強化?

ゲームビジネス その他

ハリウッドの映画会社でグループにテレビやラジオなども保有するメディア・コングロマリットでもあるワーナーブラザーズはゲーム事業を強化しているようです。アイドスを傘下に持つSCiに出資したのに続いて、英国のCodemastersのタイトルの米国での流通を扱うことでパートナーシップを結んだと発表しました。

「この提携によってCodemastersの世界的に評価されるゲームとワーナーブラザーズのホームエンターテンメントグループのパワーを組み合わせることを可能とします。我々のゲーム部門やホームビデオ流通のエキスパート達はCodemastersの作品を成長著しい市場に届けていくでしょう」とワーナーブラザーズのKevin Tsujihara社長は述べています。

ワーナーが流通を担うのは2007年4月からで、『DIRT:Colin McRae Offroad』、『Overlord』、『Clive Barker's Jericho』、『Turning Point:Fall of Liberty』などが含まれます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  3. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  6. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  7. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  8. ハロウィンイメージの衣装でも登場!「トキメキメテオ Vol.3 鈴木ふみ奈」発売イベントレポ

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. 【Unite Japan 2014】FlashデザイナーにとってSpriteStudioは福音なのか・・・KLabが直面したアニメーション制作の課題とは?

アクセスランキングをもっと見る