人生にゲームをプラスするメディア

ワーナーブラザーズが英国のSCi、アイドスに出資

ゲームビジネス その他

ハリウッドの映画メーカーであるワーナーブラザーズが、アイドスインタラクティブを2年前に傘下に置いた英国のゲームパブリッシャーのSCiエンターテインメントに10.3パーセントの出資を行ったと発表しました。またこの戦略的パートナーシップに基づいてSCiはワーナーの「バットマン」・「ルーニィ・チューンズ」・「ハンナ・バーベラ」・「The OC」といった古典的フランチャイズの権利を得たということです。

ワーナーから供与される商権には、コミック版のスーパーヒーロー「バットマン」や、Bugs Bunny、Daffy Duck、Road Runner、Speedy Gonzalesといったキャラを含む「ルーニィ・チューンズ」の権利、更に「トムとジェリー」や「フリントストーン」、「ワッキィ・レース」といったハンナ・バーベラの作品などがあり、アイドスでは12以上のゲームでこれらを活用していくということです。

ワーナーブロスインタラクティブのJason Hall上級副社長によれば、ワーナーはアイドスの開発チームの再編成等は計画しておらず、今後もアイドス以外のパブリッシャーとも、例えばEAが『ハリー・ポッター』を、ミッドウェイが『パッピー・フィート』を取り扱う、という風になると説明しています。

またこの戦略的パートナーシップに基づいてワーナーは「トゥーム・レイダー」のビジネスを開始することとになり、米国での総代理店としてマーチャダイジングや販売などを行っていくということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ソーシャルカードゲームでも本格的なTCGを!『サムライソウル』のこだわりとは

    ソーシャルカードゲームでも本格的なTCGを!『サムライソウル』のこだわりとは

  2. 誰でも楽しくVRで

    誰でも楽しくVRで"鬼ごっこ"体験!ゼロディブが開発した『みんなde鬼ごっこ!』を遊んできた

  3. VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

    VRは次のステップへ。さらなる進化を。SIEWWS吉田プレジデントインタビュー【E3 2018】

  4. 米ライフル協会「残虐な事件はゲームのせい」小学校乱射事件後、初の記者会見

  5. 【CEDEC 2014】データの見方を間違えて失敗した5つの例・・・DeNAの分析担当者が語る

  6. 【CEDEC 2010】モバイルのソーシャルゲームの現状を総おさらい&事業機会を考える

  7. ニンテンドー3DSで誕生したバイオ最新作、『バイオハザード リベレーションズ』をいち早く体験した

  8. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  9. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

アクセスランキングをもっと見る