人生にゲームをプラスするメディア

WiiのシステムLSIのコードネームは「Vegas」

任天堂 Wii

週刊東洋経済TKプラスの記事によれば、Wiiに搭載されているシステムLSIの開発コードネームは「Vegas」、同じく高速DRAMのコードネームは「Napa」だったそうです。CPUは「Broadway」、グラフィックチップは「Hollywood」というコードネームが付けられていました。ベガスということはアメリカの地名で統一されていたって事なんでしょうかね。

また週刊東洋経済TKプラスはアイサプライ社に委託したWiiのコスト分析の結果を紹介しています。それによればこれまでに明らかにされてなかった、主要部品の製造元はファンは日本電産、DRAMはサムスン、ドライブは松下電器製で、組み立ては台湾の鴻海科技集団(FOXCONN)だそです。主要なコストは以下の通り(ドル表記)。

グラフィックチップ 29.60 
CPU 13.00 
DRAM 7.80 
光ディスクドライブ 31.00 
パワーサプライ 11.30 
製造コスト 19.50 (PS3の半値で編集部が計算)
コスト合計 158.30 
卸売価格 195.99 (定価の8掛けで算出)

ということで1台売るごとに4000円の儲けが出ているのではないかと週刊東洋経済TKプラスでは結論付けています。個人的な感想としては、かなり安く抑えてはあると思いますが、そこまで利益が出るほどでも無いと今までの岩田社長のコメントを見る限りでは思いました。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

    ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

    『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  3. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

    任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  4. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  5. 海外ミニファミコン版『ゼルダの伝説』たった1文字のタイプミスが30年越し修正

  6. 今週発売の新作ゲーム『レゴ シティ アンダーカバー』『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』『Crash Bandicoot N. Sane Trilogy』他

  7. Wii U向けVC『エキサイトバイク64』配信開始、Wii UのVC新作は約2ヶ月ぶり

  8. ミニファミコン海外版「NES Classic Editions」生産中止が決定

  9. 3DS『スナックワールド トレジャラーズ』発売日が8月10日に延期、さらなるクオリティアップのため

  10. 編集部にミニファミコンが到着!開封フォトレポートをお届け

アクセスランキングをもっと見る