人生にゲームをプラスするメディア

WiiのシステムLSIのコードネームは「Vegas」

週刊東洋経済TKプラスの記事によれば、Wiiに搭載されているシステムLSIの開発コードネームは「Vegas」、同じく高速DRAMのコードネームは「Napa」だったそうです。CPUは「Broadway」、グラフィックチップは「Hollywood」というコードネームが付けられていました。ベガスということはアメリカの地名で統一されていたって事なんでしょうかね。

任天堂 Wii
週刊東洋経済TKプラスの記事によれば、Wiiに搭載されているシステムLSIの開発コードネームは「Vegas」、同じく高速DRAMのコードネームは「Napa」だったそうです。CPUは「Broadway」、グラフィックチップは「Hollywood」というコードネームが付けられていました。ベガスということはアメリカの地名で統一されていたって事なんでしょうかね。

また週刊東洋経済TKプラスはアイサプライ社に委託したWiiのコスト分析の結果を紹介しています。それによればこれまでに明らかにされてなかった、主要部品の製造元はファンは日本電産、DRAMはサムスン、ドライブは松下電器製で、組み立ては台湾の鴻海科技集団(FOXCONN)だそです。主要なコストは以下の通り(ドル表記)。

グラフィックチップ 29.60 
CPU 13.00 
DRAM 7.80 
光ディスクドライブ 31.00 
パワーサプライ 11.30 
製造コスト 19.50 (PS3の半値で編集部が計算)
コスト合計 158.30 
卸売価格 195.99 (定価の8掛けで算出)

ということで1台売るごとに4000円の儲けが出ているのではないかと週刊東洋経済TKプラスでは結論付けています。個人的な感想としては、かなり安く抑えてはあると思いますが、そこまで利益が出るほどでも無いと今までの岩田社長のコメントを見る限りでは思いました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

    『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

  2. 『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

    『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. スイッチ新作『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』2019年発売決定!収録カードは約1,160枚

  5. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. PS4/スイッチ『スターデューバレー コレクターズ・エディション』が2019年1月31日に発売!

  8. 「Nintendo Switch Online」に加入した? それとも見送った?─任天堂の有料サービスに対する読者の声を大募集【アンケート】

  9. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る