人生にゲームをプラスするメディア

Wii、米国で最初の8日間で60万台

任天堂オブアメリカは11月19日に北米で発売したWiiが、最初の8日間で60万台を超える人に行き渡ったと発表しました。これは毎秒1台のペースになるそうです。自社のソフトタイトルやアクセサリなども含めると金額にして1億9000万ドル(約220億円)となったということです。

任天堂 Wii
任天堂オブアメリカは11月19日に北米で発売したWiiが、最初の8日間で60万台を超える人に行き渡ったと発表しました。これは毎秒1台のペースになるそうです。自社のソフトタイトルやアクセサリなども含めると金額にして1億9000万ドル(約220億円)となったということです。

「既に60万台を販売しても、このホリデーシーズンに"買うべき"商品の一つとなったWiiの需要はとどまる所を知りません。私達は発売以降も何回かの出荷を行い、他の会社がロンチで出した数倍を出していますがそれでも売り切れは続いています。私達はWiiの実現するかつてないビデオゲームの形がゲーマーにも新たな参加者にとっても大きなものになっていると理解します。それは素晴らしいロンチを継続させるでしょう」と任天堂オブアメリカのReggie Fils-Aime社長兼COOは述べています。

ソフトでは『Wii Sports』が全てのハードに同梱されているほか、『ゼルダの伝説トワイライトプリンセス』が45万本を超えていて、ハード購入者の実に75パーセントがゼルダを手にした計算になります。

サードパーティもコメントを残しています。

「『マッデンNFL2007』はWiiが人気作品でどのようにプレイヤーに新しい体験を提供するかを示す好例です。EAのクリエイティブチームは私達の人気シリーズで更に多くのWiiならでは、を作り上げる為に努力を重ねているところです」とEAスタジオ社長のPaul Lee氏は話しています。

「『レッドスティール』は私達の開発チームの創造性が打ち放たれた作品です。Wiiリモコンとヌンチャクによって新しいゲームプレイ体験をデザインし制作できることは刺激的であると同時に大きな価値があることです」とユービーアイソフトのLaurent Detoc社長は述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  2. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

    スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  3. 「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

    「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』DLCで参戦してほしいファイターは誰?【読者アンケート】

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  7. 『スプラトゥーン2』タコamiiboがおすすめすぎる6つの理由 ─ 今は空前のひれおブーム!

  8. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  9. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  10. 『スマブラSP』は最高傑作になるか? 本作の気になる8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る