人生にゲームをプラスするメディア

【Nintendo World 2006 大阪】 ポケモンバトルレボリューション チャレンジマッチ

任天堂 Wii

「ポケモンバトルレボリューション チャレンジマッチ」
  • 「ポケモンバトルレボリューション チャレンジマッチ」
  • 「ポケモンバトルレボリューション チャレンジマッチ」
  • 「ポケモンバトルレボリューション チャレンジマッチ」
12月14日に発売になる『ポケモンバトルレボリューション』は初のニンテンドーDSとの連動作品であり、「ニンテンドーWi-Fiコネクション」の対応作品でもあります。「Nintendo World 2006」では常に長蛇の列ができていた本作の紹介ステージ「ポケモンバトルレボリューション チャレンジマッチ」もポケモンステージにて開催されました。

『ポケモンバトルレボリューション』はDSの『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』と連動することによって、手持ちのポケモンで迫力の3D対戦が可能になるソフトです。「ニンテンドーWi-Fiコネクション」に対応することによって、日本中の遠く離れたユーザーともバトルを楽しむことができます。

さらにバトルのテーマパーク「ポケトピア」にて、対戦相手が居なくても、10種類のルールでコロシアムリーダーを相手にしたバトルが可能です。バトルに勝利すると服やバックなどプレイヤーキャラをコーディネート可能なアイテムも手に入り、対戦でもその姿でプレイすることができるカスタマイズ機能も付いています。

バトルではポケクーポンも手に入り、アイテムを買えるほか、どうぐやきのみを購入してDSに送ることもできます。

ステージ「ポケモンバトルレボリューション チャレンジマッチ」では「レンタルポケモンdeバトル」として、会場から2人を選んで、抽選で手持ちのポケモンを選び、ポケモン3匹・レベル50・ダブルバトルのルールで対戦が行われました。ステージの周囲には通路を埋めるほどの沢山の子供たちが集まり、勢いよく手を挙げてチャレンジしていました。

参加者には勝った方にポケモンポーチ、負けたほうにはDSカードケースがプレゼントされていました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』第11回フェスの勝者はハローキティ!クイーンとしての威厳を見せる結果に

    『スプラトゥーン2』第11回フェスの勝者はハローキティ!クイーンとしての威厳を見せる結果に

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 『星のカービィ スターアライズ』無料アップデート第2弾が今夏配信決定!新たなドリームフレンズのシルエットも公開

    『星のカービィ スターアライズ』無料アップデート第2弾が今夏配信決定!新たなドリームフレンズのシルエットも公開

  4. 「あなたが欲しい“ミニ”はどれ?」─ファミコン、メガドラ、NEOGEO…復刻相次ぐ名ハード! 一番人気を調査【アンケート】

  5. 圧倒的恐怖を手元に、手軽にースイッチ版『バイオハザード7』クラウドバージョン発表

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スプラトゥーン2』Ver.3.0でチェックしておきたいギアパワー9選

  8. 『スプラトゥーン2』フェス「ハローキティ vs シナモロール」インサイド読者はキング派が多め!【読者アンケート】

  9. 『オクトパストラベラー』「学者」「神官」の詳細を公開-推理や人助けで役立つコマンドも

  10. スイッチ『星のカービィ スターアライズ』ドリームフレンズになってほしいキャラ10選

アクセスランキングをもっと見る