人生にゲームをプラスするメディア

「Games Japan Festa 2006 in OSAKA」開幕

今年で5回目となる日本テレビゲーム商業組合が主催する秋の展示会「Games Japan Festa 2006 in OSAKA」が大阪・南港のATCホールにて開幕しました。WiiやPS3など次世代機が勢ぞろいした今回のGames Japanは明日までの2日間で1万5000人の動員を見込んでいます。11日初日のレポートをしたいと思います。

ゲームビジネス その他
「Games Japan Festa 2006 in OSAKA」開幕
  • 「Games Japan Festa 2006 in OSAKA」開幕
  • 「Games Japan Festa 2006 in OSAKA」開幕
  • 「Games Japan Festa 2006 in OSAKA」開幕
  • 「Games Japan Festa 2006 in OSAKA」開幕
今年で5回目となる日本テレビゲーム商業組合が主催する秋の展示会「Games Japan Festa 2006 in OSAKA」が大阪・南港のATCホールにて開幕しました。WiiやPS3など次世代機が勢ぞろいした今回のGames Japanは明日までの2日間で1万5000人の動員を見込んでいます。11日初日のレポートをしたいと思います。

初日の開幕時間は10時。にもかかわらず9時頃には既に長い行列ができており、開場の頃には2〜300人の人が集まっていました。ATCホールのさほど広くない会場はどっと熱気に包まれました。やはり多くの人のお目当てはWiiなのか、Wiiの並ぶ辺りは特に混雑が激しいエリアになっていました。

Wiiで出展されたタイトルは以下の通り。

・WiiSports(任天堂) ※種目は選択可
・はじめてのWii(任天堂)
・おどるメイドインワリオ(任天堂)
・ゼルダの伝説トワライトプリンセス(任天堂)
・Elebits(コナミ)
・レッドスティール(ユービーアイソフト)
・ラビッツ・パーティ(ユービーアイソフト)
・スイングゴルフ パンヤ(テクモ)
・電車でGO! 新幹線'06 山陽新幹線編(タイトー)
・クッキングママ みんなでお料理大会(タイトー)
・Marvel Ultimate Aliance(インターチャネル・ホロン)

『WiiSports』が2台あった以外は全て1台ずつの出展で、特に『ゼルダの伝説トワライトプリンセス』は240分待ちもあるなど長蛇の列ができていました。午後には受付終了していたようです。夕方には大分緩和しましたが、Wiiタイトルはどれも人気で30〜40分待ちが殆どでした。台数が少ないのは明日「Nintendo World」と日程が被るという事情もあるようです。

今日発売になったPS3もいくつか並んでいました。もちろんDSやXbox360の作品もありました。人気だったのはDS『逆転裁判4』やPS2『テイルズオブディスティニー』や『起動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合VSザフト II PLUS』などでした。

イベントステージでは『マリオバスケ3on3』や『ウイニングイレブン』のゲーム大会が行われていました。

閉場は18時で、最後はほたるの光が流れて終了です。明日も10時からATCホールにて開催されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

    PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  2. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

    活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  3. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  4. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. ドット絵の制作工程を公開!「KOF XII 2D DOT GRAPHICS GALLERY」公開

  6. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  7. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  8. 『テトリス』がSF映画化決定!「テトリスという作品にストーリーを持たせ、より想像力溢れるものにする」

  9. 【CEDEC 2012】「Too Japanese」な日本ゲームは海外で評価されないのか ― 『GRAVITY DAZE』ヒットの理由

  10. 【GDC2012】究極の都市育成シミュレーションを目指す『シムシティ』を支える「GlassBox」エンジン

アクセスランキングをもっと見る