人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】Wii Sports テニス(Wii)

任天堂 Wii

5つのスポーツゲームが収録された『WiiSports』の中でも最も注目されているのはこの「テニス」ではないでしょうか。「Nintendo World 2006」の会場でも沢山の試遊台が用意されたにも関わらず、長い行列ができていました。会場では2人対戦がプレイできました。イキナリですが、今回出展されていたゲームの中で最も熱く、そして楽しかったのはこのテニスでした。

長い順番待ちを経て自分の番がやってきます・・・リモコンを振るので、隣の人に当たらないかチェックして、後ろにも気をつけるように言われます。そして試合開始! リモコンを振り上げてトスをして、サーブ! 相手から返ってきた球を、ポンと打ち返します。あれ? 少しタイミングを外してしまいアウトになってしまいました。ここでテニス部員の血に火が付きました。

リモコンは軽く振るだけでプレイできるそうですが、そんなことは全くお構いなし。本気で振った方が早い球が返るはずです。。。もうリモコンことラケットをブンブン振り回して、前衛のサイドを抜いて、ロブを上げて振り回して、、、本物のボールを追いかけていた感覚が戻ってくるようです。Wiiもこっちの本気に応えて、打つ方向など、ちゃんと思い通りに動いてくれます。

ふと気が付くと、ボールを打つ際に一歩足を踏み出すようになってました(テニスやる人なら感覚分かりますかね?)。冷静になれば、プレイヤーキャラの動きは自動なのでそんな動きは必要ありません。しかしそんな事も吹き飛ぶくらい熱中し、本気になり、気づいたら画面の中の世界とこっちの世界が一体化し、そこにボールが見え、それを目いっぱい引っ叩いてました。

キャラがどうとか、演出がどうとか、正直覚えてません。ただ、スポーツの、テニスの楽しさがそこにはありました。何故このゲームが楽しいのか、そんなこと知ったことではありません(後で隣で本気で付き合ってくれたOKOKさんが書いてくれるかもしれませんが)。Wiiリモコンを振り回してると疲れるとか、長時間遊ぶと大変だとか、本気で楽しめて満足できるなら、翌日筋肉痛になって腕が上がらなくてもそんなのいいじゃん? そう言い切れるほどこのゲームは魅力的です。

チャンスがあれば是非体験を!
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』「リンク」のキャラクター情報が公開―今作はデザインや技も一新!

    『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』「リンク」のキャラクター情報が公開―今作はデザインや技も一新!

  2. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

    『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  3. スイッチ版『ドラゴンボール ファイターズ』9月27日発売決定-早期特典には懐かしの『超武闘伝』が!

    スイッチ版『ドラゴンボール ファイターズ』9月27日発売決定-早期特典には懐かしの『超武闘伝』が!

  4. 『プロジェクトイーブイ』「エーフィ」と「ブラッキー」のオリジナルトレーナーイラストが公開!

  5. スイッチ『Minecraft』発売開始-「Switch Edition」を持っていれば無料でアップグレード可能!

  6. 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』「全員登場」の中で嬉しかったコラボファイターは?【読者アンケート】

  7. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  8. 『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』公式HPにて「トキメキ☆ボムラッシュ」の試聴が可能に!

  9. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  10. スイッチ『Yonder 青と大地と雲の物語』7月5日配信開始-「プリニー」コラボ衣装などの独自要素も!

アクセスランキングをもっと見る