人生にゲームをプラスするメディア

テイク2インタラクティブの創業者が退任―『GTA』シリーズなど

ゲームビジネス その他

『グランドセフトオート』シリーズなどで知られる米国の大手パブリッシャー・テイク2インタラクティブは、創業者で現在は上級副社長プロダクション担当を務めるRyan Brant氏が退任したと発表しました。Brant氏は2004年から現職にありましたが、今年6月からは休職状態で実務にはかかわっていなかったとのことです。

Braint氏は1993年にテイク2を設立し、2001年2月までCEOを務めました。その後は2004年3月まで会長を務め、経営から離れプロダクション担当の上級副社長となっていました。テイク2は近年、性的や暴力的表現が問題となったゲームの発売元として批判の的となったほか、売上高の水増しで米国証券取引委員会(SEC)の調査を受けるなど揺れていました。

退任の理由は明らかにされていません。現在のCEOはPaul Eibeler氏が務めています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. 【プレイレポ】「VR ZONE SHINJUKU」に使徒襲来!? 編集長率いる新米パイロットたちが『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』に挑戦

    【プレイレポ】「VR ZONE SHINJUKU」に使徒襲来!? 編集長率いる新米パイロットたちが『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』に挑戦

  4. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第1回 Shadeとは? 生い立ちから最新版の機能まで

  5. 【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

  6. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  7. 【CEDEC 2009】WiiとDSで同じゲームを動かす~『FFCC EoT』を巡るプラットフォーマーとソフトメーカーの取り組み事例

  8. 秋葉原の洋ゲー専門店を調査・・・その1「ゲームハリウッド」

  9. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

  10. VR中にもキーボードを打てる!―LogitechがViveトラッカーを使用した新技術を開発

アクセスランキングをもっと見る