人生にゲームをプラスするメディア

【プレビュー】目で右脳を鍛える DS速読術(NDS)

任天堂 DS

マイルストーンは、新日本速読研究会の川村明宏博士監修によるニンテンドーDS向け『目で右脳を鍛える DS速読術』を2006年11月9日にリリースします。価格は2800円です。

様々なトレーニング系ソフトが発売されていますが、本作では文章を早く読む「速読」の技術を身につけることができるものです。DSの携帯性を生かして、いつでもどこでも持ち歩け、いつでもちょっとした時間でライフスタイルに合わせたトレーニングができることが重視されています。見ているだけで速読術が向上するようなトレーニングも収録されています。

ゲームモードは、「ジョイント式速読術」の開発者である川村明宏博士による速読術を体験できる「見るだけトレーニング」、ミニゲーム風の練習で速読を鍛える「遊んでトレーニング」、遊んで〜から自由に選んでプレイできる「選んでトレーニング」、各モードでの成績やどれだけのスピードで文章を読めるかを記録する「成績表」、そして「オプション」があります。

本作に収録されているトレーニングは大きくわけて「従来型」と「ゲーム型」の2種類があります。

従来型は「視力眼筋訓練」と呼ばれる訓練方式で、上画面に図形が表示され、画面左上から右上に移動、この動きを交互に繰り返し、画面の一番下まで移動します。図形の動きを目で追うことにより、眼球を動かす6本の筋肉を、満遍なく動かすことになり、眼筋のスタミナアップが図れ、すばやく文字をなぞりながら読む読書法の訓練になります。「見るだけトレーニング」で遊べます。

ゲーム型は「スイングクイズ」というもので、上画面いっぱいに一見無意味な文字列が表示されます。文字列の左端と右端だけを上から交互に読むと、問題文になっているので、プレイヤーはその答えを下の選択肢から選びます。画面端と端を交互に見る必要があり、従来の「視力眼筋訓練」と同じ訓練効果を遊びながら得られます。「遊んでトレーニング」で遊べます。

いろいろなトレーニング系のソフトの中でも速読は実際に生かすことができるものだと思います。11月7日に2800円で発売されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

    『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 『スプラトゥーン2』ロングブラスターカスタムが登場―「カーリングボム」×「バブルランチャー」で暴れまわろう!

    『スプラトゥーン2』ロングブラスターカスタムが登場―「カーリングボム」×「バブルランチャー」で暴れまわろう!

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  5. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

  6. 『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

  7. スイッチ『星のカービィ スターアライズ』ドリームフレンズになってほしいキャラ10選

  8. 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』シナンジュやクシャトリヤなど「ガンダムUC」関連機体も続々登場

  9. 『スプラトゥーン2』“今”はこのブキが強い!この10ブキを使いこなしてS+10を目指せ!【Ver.2.3.3編】

  10. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

アクセスランキングをもっと見る

1