人生にゲームをプラスするメディア

DS『ぷよぷよ!』プレイレポート

任天堂 DS

1作目の誕生から、ついに15年を迎えた定番中の定番パズルゲーム「ぷよぷよ」。その15周年という節目を記念して、NintendoDSなど複数のハードに向けて、『ぷよぷよ! -15th anniversary-』が発売されます。

定番モノながら、毎回微妙に変わるルールが毎度争点となる「ぷよぷよ」シリーズですが、今回は「ある1つのルールが採用されている」というわけでなく、これまでの定番ルールや、変り種ルールを加えたさまざまなルールを取り揃えています。

相殺なしの「ぷよぷよ1」ルール、相殺できなかった分が即振ってくる「ぷよぷよ通」ルール、連続で相殺してフィーバーゲージを溜め、フィーバーモード発動で一発逆転の「ぷよぷよフィーバー」ルール、その他変り種として、ぷよがとにかくでかい「でかぷよ」、いきなりエリアがひっくり返ってしまう「だいかいてん」などなど。全部で12種類が収録されているようです。クラシックなルールも採用されているということで、賛否あった『フィーバー』のルールを好きでない人でも安心です。

シングルプレイの体験版では、おなじみの「漫才」のあと、CPUとの対戦で使うルールを決めるルーレットがあります。Aを押してルーレットを止めると、そのルールが対戦で適応されるようです。このため、どんなルールにも対応できるようにしないと、ハイレベルなCPUと対戦するにはきつくなるでしょう。もしかしたら、ルーレットを「目押し」で好きなルールに止められるかもしれませんけれども。

また、シングルプレイには「じゅぎょう」モードもあるようです。これは、連鎖がうまく出来ない初心者向けに、そのやり方をレクチャーしてくれるモードです。正直、ある程度やり方を知らないと、連鎖をうまく組めるようになるには厳しいので、そういう意味では非常にありがたいモードでしょう。

もちろん、シングルプレイだけでなく、おなじみマルチプレイもあります。むしろ、こちらのほうがメインでしょう。TGSでは、4人で対戦することが出来るブースが用意されていました。それを見た限り、(当たり前のことなのですが)対戦で用いるルールはさまざまに設定できるようです。基本的には、いつものぷよぷよの対戦そのままです。ただ、対戦時に画面のフレームレートが落ちていた(ゲームスピードはそのまま)ようなのが、ぱっと見としては少し気になりました。通信のラグでしょうか? プレイ自体に支障はなかったのですけれどもね。

この『ぷよぷよ!』はオンラインプレイに対応しており、DS版ではWi-Fiコネクションを通じて対戦できるようです。詳細は明らかになっていませんが、(少なくともフレンド対戦において)好みのゲームルールセッティングが出来れば喜ばしいところです。同じく定番パズルゲームであり、さまざまなゲームルールを用意しWi-Fiにも対応した『テトリスDS』がロングセラーを記録していますから、この『ぷよぷよ!』もDSの定番パズルの一つとして同じようなヒットが期待されます。過去のルールも採用され、『フィーバー』の絵柄ながらも過去のキャラクター(魔導物語キャラですね)が登場したりと、これまでのシリーズの集大成というにふさわしい作りになっています。

TGSに出展されたバージョンの開発度は80パーセント。発売日は12月14日予定です。

《OKOK》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

    【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

    【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』イカしたコーデで勝利を掴め!注目ギアパワー10選

  5. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  6. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  7. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  8. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. 今すぐ遊べる!スイッチで買えるDLゲーム全37タイトルを一挙紹介

アクセスランキングをもっと見る