人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】あつまれ!パワプロクンのDS甲子園(NDS)

8月3日にコナミより発売になりました『集まれ!パワプロクンのDS甲子園』のインプレッションをお届けいたします。

任天堂 DS
8月3日にコナミより発売になりました『集まれ!パワプロクンのDS甲子園』のインプレッションをお届けいたします。

本作はWi-Fi通信モードと監督モード、キャプテンモードの3モードから主に構成されています。基本的には甲子園を目指し高校球児たちをレベルアップしていくモードですが、キャプテンと監督でそれぞれ視点が違います。まず、一番お手軽なキャプテンモードは従来のパワプロシリーズのサクセスモードと違いがありません。というよりも、以前に発売された『パワポケ甲子園』のメインサクセスモードとほとんど同じなのがこのモードです。従来サクセスモードを楽しみたい場合にはこのモードが一番でしょう。このモード、試合の進め方が全員を操作するか、自分だけを操作するか、はたまた観戦するかを選べるのは非常に評価できます。ただ、台詞の履歴が取れないのがちょっとやりにくいと思います。

監督モードは文字通り一つの高校の野球部の監督になり、甲子園での優勝を目指すモードです。監督の評価によって給料が変わってきます。これは割と目新しい視点だと思います。生徒を連れて、コミュニケーションを図るなどの細かい要素もあり、監督としての視点で甲子園を目指すモードを楽しみたい人には楽しめるモードだと思います。

さて、オンライン要素ですが、Wi-Fi選手権モードがあります。Wi-Fi通信を使って対戦をしながら、チームを育てていくモードです。甲子園優勝を目指してどこにも負けないチームを作っていくのが目的となります。このモードでは今までキャプテンモードや監督モードで育てたクリアチームを使ってプレイすることも可能です。クリアチームでプレイすればそれなりに強いチームで戦うこともできます。オンライン要素で私が個人的に注目したのはキャプテンモードにおけるオンライン要素です。オンラインに接続したままキャプテンモードをやっているとたまに同じくWi-Fiでプレイしているプレイヤーから練習試合を申し込まれることがあります。これもきちんと経験点として加味されるので、育成にも役立ちます。しかし、たまに、バグが出るのが難点です。

今回の作品はいろんな意味で意欲作だったようにも思えます。それぞれのモードにつながりもあり、オンライン要素もきちんとあります。次回作以降のDS版パワプロクンがどうなるのか非常に楽しみだと思います。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』から「投げクナイ」が所持数無限に! 忍者っぽいスタイリッシュプレイを求めて、その使い道を考えてみる

    『モンハンライズ』から「投げクナイ」が所持数無限に! 忍者っぽいスタイリッシュプレイを求めて、その使い道を考えてみる

  2. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  3. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  4. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  7. スイッチ版も配信開始された宇宙人狼『Among Us』最初に覚えたい10のコツ!

  8. 元ドット職人が教える『あつまれ どうぶつの森』マイデザインお役立ちテクニック!描き方の初歩から独特な「なめらか補正」まで幅広く解説

  9. 『スプラトゥーン2』あなたにピッタリな性格別おすすめブキ紹介!サポート&防衛編

  10. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

アクセスランキングをもっと見る