人生にゲームをプラスするメディア

MM総研大賞・エンタテインメント端末部門にニンテンドーDSが選ばれる

任天堂 DS

MM総研(元マルチメディア総合研究所)は、IT市場の発展に貢献した製品・サービスを表彰する「MM総研大賞2006」を発表し、大賞にアップルコンピュータの「iPod + iTunes Music Store」、最優秀部門賞にNTT東日本、NEC、任天堂、NTTコミュニケーションズなどの製品・サービスを選出しました。

「MM総研大賞2006」は将来の市場発展に向けて積極的に取り組んでいるITベンダーを表彰するもので、今年が3回目。次世代のブロードバンド&ユビキタス社会の核となる製品・サービスを対象に、コンシューマー、ビジネスの両分野で6部門で優秀な物を選出します。また、インパクトと話題に富む製品には「話題賞」も用意されています。

任天堂はエンタテインメント端末部門でニンテンドーDSが選ばれました。全ての受賞リストは以下の通りです。

◆MM総研大賞
アップルコンピュータ (iPod + iTunes Music Store)

◆携帯音楽プレイヤー+音楽配信サービス部門
最優秀賞 アップルコンピュータ (iPod + iTunes Music Store)

◆光ファイバー通信サービス部門(個人向け)
最優秀賞 NTT東日本(Bフレッツ ハイパーファミリータイプなど)

◆パーソナルコンピューター部門
最優秀賞 NEC (VALUESTAR、LaVie)

◆エンタテインメント端末部門
最優秀賞 任天堂 (ニンテンドーDS)

◆VPNサービス部門
最優秀賞 NTTコミュニケーションズ (「統合VPN」ソリューションズなど)

【話題賞】

<企業向け>
◆SAPジャパン   「日本版SOX法/内部統制対策」
◆日本オラクル  「日本版SOX法/内部統制対策」
◆NEC       「プラットフォーム最適化ソリューション」
◆富士通     「GLOVIA」
◆筑波大学生・登 大遊氏 「PacketiX VPN(旧称SoftEther VPN)」

<個人向け>
◆NTTドコモ    「おサイフケータイ」
◆KDDI      「ワンセグ対応携帯電話端末」
◆USEN      「GyaO」
◆ソニー     「Handycam」(HDR-HCシリーズ)

授賞式は2006年7月12日にラディソン都ホテル東京にて行われます。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

    【特集】『スプラトゥーン2』ハイカラスクウェアで見つけた小ネタ集、隠しガッツポーズや謎の巨大ソーセージも登場?

  3. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?

    【読者アンケート】『スプラトゥーン2』ジャイロ使っていますか?

  4. ニンテンドースイッチ『NAMCO MUSEUM』の配信日が7月28日に決定、任天堂とコラボした幻のタイトル「パックマン vs.」も収録

  5. 3DS『メトロイド サムスリターンズ』公式サイトを公開─DL派に嬉しい「SPECIAL EDITION(ゲームカードなし」も登場

  6. 海外レビューハイスコア『スプラトゥーン2』

  7. 【読者アンケート】「『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?」結果発表─なぞの病にかかって休んだ人の割合は…!?

  8. 『ロストスフィア』10月12日発売決定! スイッチ/PS4版の特典情報も

  9. 『聖剣伝説コレクション』LINE公式スタンプが登場、大砲に飛ばされる姿やターバンを巻いた商人など、シリーズファンなら思わずニヤリ?

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』グッズ&イベント情報まとめ ─ ゲームの外でもイカの世界を楽しもう!

アクセスランキングをもっと見る