人生にゲームをプラスするメディア

セガ、Wii向けに『ソニック・ワイルド・ファイア』を発表!

セガオブアメリカは任天堂の新世代型ゲーム機「Wii」向けの独占供給タイトルとしてソニックシリーズ最新作『Sonic Wild Fire(ソニック・ワイルド・ファイア)』を発売しました。1991年にデビューしてから15周年を迎えたソニックが、Wiiの新型コントローラーを得て再びその高速アクションて世界を駆け抜けます。

任天堂 Wii
セガオブアメリカは任天堂の新世代型ゲーム機「Wii」向けの独占供給タイトルとしてソニックシリーズ最新作『Sonic Wild Fire(ソニック・ワイルド・ファイア)』を発売しました。1991年にデビューしてから15周年を迎えたソニックが、Wiiの新型コントローラーを得て再びその高速アクションて世界を駆け抜けます。

ソニックの新しいアドベンチャーは「アラビアイ・ナイト」を基点に始まり、ソニックは本から失われた最後の数ページを自らの手で埋めて物語の結末を変えていきます。モザイク調のタイル、きらめくオアシス、揺れるヤシの木々、砕けた石柱など今までのソニックとは一味異なる環境で、駆け抜け、ジャンプし、ひらりと身をかわし、障害を除いていくことでソニックは成長していきます。

ゲームではWiiのリモコンを2つの手で水平に持って、それを傾けることでソニックの操作を実現するそうです。傾きを強めて、前に突き出す事でダッシュアタックを決め、敵を吹き飛ばしたりしていくようです。また1人用だけでなく友達と協力して遊ぶマルチプレイヤーモードも用意されているとのことです。

「『ソニック・ワイルド・ファイア』と革新的なWiiコントローラーは人々がエンターテイメントと触れ合う形を変えます。この新システムのためだけに構築されたソニックでゲームプレイ革命を指揮することにセガはとても興奮しています」とセガオブアメリカ副社長のScott A. Steinberg氏は述べています。

発売は2007年です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  6. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  7. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  8. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  9. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る