人生にゲームをプラスするメディア

なにがレボリューションをセールスリーダーへと押し上げるか?―NOA副社長

ゲームビジネス その他

「The Nintendo Minute」の第24回がIGNに掲載されています。今回は、任天堂オブアメリカ副社長マーケティング&コーポレートコミュニケイションズのGeorge Harrison氏が、なにがレボリューションをセールスリーダーへと押し上げるかを語っています。

--技術的に劣っているにもかかわらず、DSはPSPより速いスピードで売り上げています。あなたは、レボリューションがこれと同じ風にPS3とXbox360に勝つことが出来ると思いますか? 任天堂は、これ違うマーケットに向けてのものだと言っていますしそれは理解しています。が、シェアについては、レボリューションがセールスリーダーになることが出来ると信じていますか? そしてその理由は?

第一に、あなたの質問を少しだけ分析させてください。はい、確かに私達はゲームマーケットの全体を広げていきたいと思っています。ゲームを定期的にプレイすることをやめてしまった人々や、ゲームを一度もプレイしたことない人々まで。しかしそれは目指すものの半分にしか過ぎません。残りの半分は、人をひきつける新しい経験をもたらすことなのです、最も熱烈なゲーマーへさえも。もし私達が目指していることを両方とも達成したなら、そうです、どの競争相手とも有利に戦えなくなるという理由はないわけです。

第二に、あなたはグラフィックについての議論をしていますね。私達はちがいます。私達は、グラフィック的なリアリズムが新しい据え置き機の成功を決めるものだとは思っていません。それは、ゴッホの絵が「グラフィック的に劣っている」、なぜなら写実的な描写じゃないからだ、といっているのと同じようなものです。しかしもっと重要なことなのですが、PSPがどのように売り出されたかを思い出していただきたいのです。据え置き機レベルのものを携帯機にもたらす機械である、とされましたね。いろいろな意味で、私達はそれを行ってきています。ですが、それだけで十分だとでも彼らは信じているのだろうか、と今私は思うのです。

対照的に、私達の戦略とは、まったくゼロからデザインされたDSソフトに、DSの新しい特性により輝けるチャンスを与えることです。私はこれこそがなぜこうもDSが良く売れているのかの理由だと思っています。ソフトとハードが一体となり、たくさんの携帯ゲームのプレイヤーにアピールするような、新しい経験をもたらすのです。

DSの成功によって、たくさんの人々が任天堂を違った目で見るようになりました。彼らは、可能性を想像しているのです。DSと同じような業界へのクリエイティビティーの突風や、開発コストの低減によって、レボリューションの成功はもたらされるでしょう。私達は、新旧のフランチャイズを持っています。20年分のすばらしいゲームをダウンロードでき、コントローラーによってインタラクティビティーの水準を引き上げるのです。この魅力の広さによって、任天堂はリーダーになることができるでしょう。セールスとイノベーションの両方において。
《OKOK》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  6. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  7. 社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

  8. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  9. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  10. 増田部長がゲームフリークに入社したきっかけとは ― ファンからの質問に回答

アクセスランキングをもっと見る