人生にゲームをプラスするメディア

NOEが新任のマーケティング担当ディレクターを発表

任天堂オブヨーロッパは先月で退任したJim Merric氏に代わるマーケティング担当ディレクターとして任天堂フランスのLaurent Fischer氏を指名したことを発表しました。Fischer氏はニンテンドーDS Liteやレボリューションなどの任天堂製品全般に渡って、欧州地域全体のマーケティングを統括することになります。

ゲームビジネス その他
任天堂オブヨーロッパは先月で退任したJim Merric氏に代わるマーケティング担当ディレクターとして任天堂フランスのLaurent Fischer氏を指名したことを発表しました。Fischer氏はニンテンドーDS Liteやレボリューションなどの任天堂製品全般に渡って、欧州地域全体のマーケティングを統括することになります。

「我々はゲームの定義を拡大しビデオゲーム人口を増加させ、任天堂は非常にエキサイティングでイノベーティブな時代に向かっています。私は7年間の任天堂フランスでの仕事を楽しんできました。今後はヨーロッパのレベルで、この重要な時間で挑戦を楽しんでてきたいと考えています」とFischer氏は述べています。

Fischer氏は1998年に任天堂フランスに入り、カスタマーサービス、携帯ゲーム機担当マネージャーなどを務め、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス、ゲームボーイアドバンスSPの立ち上げに尽力しました。その後、マーケティングディレクターに昇格し、商品全般を見てきました。

また同時に欧州ブランドマネージャーにAchim Schmauss氏が加わることが発表されました。Schmauss氏はAtari GermanyやMetro-Goldwyn–Mayerでプロダクトマネージャーを務めてきました。今後は欧州全体のマーケティング活動を取り仕切っていくことになります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 【CEDEC 2012】内製ツールで効率化は達成できるのか? ― スクウェア・エニックスの場合

    【CEDEC 2012】内製ツールで効率化は達成できるのか? ― スクウェア・エニックスの場合

  4. 【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

  5. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

  8. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  9. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  10. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

アクセスランキングをもっと見る