人生にゲームをプラスするメディア

任天堂オブアメリカがシアトル本社を拡張へ

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカが本拠を置くワシントン州レドモンドの敷地を拡張したいと計画していることは昨年春にお伝えした通りですが、早ければ2月にも開催されるシアトル市議会でこの開発計画が了承される公算となっています。当局は、新たに拡張される敷地内に将来、公共交通を通すことで合意するべく最後の折衝を行っています。

レドモンドには任天堂オブアメリカの本社や関連会社などが集まっていて、手狭になっていることから計画では55万平方メートルの拡張を行うとしています。市当局は合意までの最大の懸案として、交通の整備を挙げています。

具体的には敷地内に自転車や歩行者の為の道路を建設すること、隣接する道路にバスを運行すること、将来的に電車、モノレール、シャトルシステムなどのルートとなることなどを合意したいとしています。

任天堂オブアメリカの広報であるBeth Llewelyn氏は「計画は完成したものではなく、コメントするには早すぎる」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

    これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  4. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  5. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

アクセスランキングをもっと見る