人生にゲームをプラスするメディア

任天堂オブアメリカがシアトル本社を拡張へ

任天堂オブアメリカが本拠を置くワシントン州レドモンドの敷地を拡張したいと計画していることは昨年春にお伝えした通りですが、早ければ2月にも開催されるシアトル市議会でこの開発計画が了承される公算となっています。当局は、新たに拡張される敷地内に将来、公共交通を通すことで合意するべく最後の折衝を行っています。

ゲームビジネス その他
任天堂オブアメリカが本拠を置くワシントン州レドモンドの敷地を拡張したいと計画していることは昨年春にお伝えした通りですが、早ければ2月にも開催されるシアトル市議会でこの開発計画が了承される公算となっています。当局は、新たに拡張される敷地内に将来、公共交通を通すことで合意するべく最後の折衝を行っています。

レドモンドには任天堂オブアメリカの本社や関連会社などが集まっていて、手狭になっていることから計画では55万平方メートルの拡張を行うとしています。市当局は合意までの最大の懸案として、交通の整備を挙げています。

具体的には敷地内に自転車や歩行者の為の道路を建設すること、隣接する道路にバスを運行すること、将来的に電車、モノレール、シャトルシステムなどのルートとなることなどを合意したいとしています。

任天堂オブアメリカの広報であるBeth Llewelyn氏は「計画は完成したものではなく、コメントするには早すぎる」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Wiiリモコンやバランスボードを使った作品も!「国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」東京大会

    Wiiリモコンやバランスボードを使った作品も!「国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト」東京大会

  2. 遠隔地でも「獺祭」酒蔵見学ー「VRで文化を伝えるお手伝いをしていきたい」

    遠隔地でも「獺祭」酒蔵見学ー「VRで文化を伝えるお手伝いをしていきたい」

  3. バンダイナムコグループ合同入社式メッセージ、171名が入社

    バンダイナムコグループ合同入社式メッセージ、171名が入社

  4. 月曜速報ソフト&ハード売り上げ 『メタルギアソリッド:TTS』登場!

  5. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  6. スウェーデン製の現代戦RTS『ワールド イン コンフリクト』がオンラインゲーム化

  7. ゲームのうまい人はIQも高い? ゲーム大会上位入賞者からメンサへの入会者が

  8. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  9. 『ラブプラス』などを手がけた内田明理、プロレスゲームを得意とする「ユークス」に入社

  10. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

アクセスランキングをもっと見る

1