人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の新たな商標「ニンテンドーフロアビジョン」

ゲームビジネス その他

最近商標関係は全くお伝えしてきませんでしたが、任天堂は10月に「ニンテンドーフロアビジョン / 任天堂フロアビジョン」という気になる名前を商標登録しています。出願日は10月11日となっています。次世代機「レボリューション」という名前はまだコードネームとされていますが、まさかね。

ちなみにwww.nintendofloorvision.comというドメイン名が取得されていますが、whoisを見る限り便乗犯のようで任天堂とは関係無さそうです。

これ以外には「体感かるた五番勝負」や「謎解きの井筒」といった名前を商標登録しています。こちらも出願日は10月11日です。何かに使われることがあるのでしょうか?
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  3. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

    【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  4. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  5. ネクソンが小中学生向けの「夏休みネクソン1日社員体験」を実施―子供達がゲームプログラミングに挑戦

  6. Wwise利用で日々の運営も効率化。KLabで使われているサウンドファイルの自動アップデート環境

  7. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  8. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  9. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る