人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の新たな商標「ニンテンドーフロアビジョン」

最近商標関係は全くお伝えしてきませんでしたが、任天堂は10月に「ニンテンドーフロアビジョン / 任天堂フロアビジョン」という気になる名前を商標登録しています。出願日は10月11日となっています。次世代機「レボリューション」という名前はまだコードネームとされていますが、まさかね。

ゲームビジネス その他
最近商標関係は全くお伝えしてきませんでしたが、任天堂は10月に「ニンテンドーフロアビジョン / 任天堂フロアビジョン」という気になる名前を商標登録しています。出願日は10月11日となっています。次世代機「レボリューション」という名前はまだコードネームとされていますが、まさかね。

ちなみにwww.nintendofloorvision.comというドメイン名が取得されていますが、whoisを見る限り便乗犯のようで任天堂とは関係無さそうです。

これ以外には「体感かるた五番勝負」や「謎解きの井筒」といった名前を商標登録しています。こちらも出願日は10月11日です。何かに使われることがあるのでしょうか?
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』発売日、ストーリー、開発状況は?―現時点の情報まとめ

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 【セミナーレポート】スマホゲームのシナリオメイクはどうあるべきか?Wright Flyer Studios主催の業界交流イベント

  5. SNKプレイモア、パチスロ事業から撤退しゲーム事業の体制を強化 ─ ゲーム開発者も増員

  6. 本日発売!『ニード・フォー・スピード アンダーカバー』〜今冬最大のレーシングアドベンチャー

  7. 【CEDEC 2014】良策を連発するはずが公開反省会に・・・サイバーコネクトツー&ドリコム『フルボッコヒーローズ』の成功談と失敗談

  8. バンダイナムコスタジオ設立へ~1000名の開発者が所属

  9. 【お知らせ】 掲示板&記事コメントが携帯から投稿可能に

  10. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

アクセスランキングをもっと見る