人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】くにおくん熱血コレクション2(GBA)

任天堂 GBA

1990年に発売された『ダウンタウン熱血行進曲 それいけ大運動会』と『熱血高校ドッジボール部 サッカー編』の二本が収録された『くにおくん熱血コレクション』。当時はテクノスジャパンから発売されましたが、現在はアトラスから発売されています。

収録されている内容は両方とも当時のママで特に新しい要素はありません。以下、簡単に両方のゲームの内容を説明いたします。

『ダウンタウン熱血行進曲 それいけ大運動会』はくにお君など、熱血行進曲に出てきたキャラクターたちが4つのチームに分かれ、運動会の競技の挑戦するというものです。とはいえ当然、普通の競技ではありません。

屋根の上、下水の中、人の家の中(笑)を走り抜ける「クロスカントリー競技」、ベルコンベアやジャンプ台などを乗り越えながらゴールを目指す「障害部屋競争」、相手を倒しながらボールを割る「棒の上玉競技」そして格闘ゲームさながらの「勝ち抜き格闘大会競技」があります。どの競技も各チームから一人が代表して参加する形になっています。

気軽に遊べて楽しいのですが、競技は上記に書いた通りの順番でしか遊べません(対戦プレイを除く)。また一位にならないと次の競技に進めないという結構厳しいバランスになっています。最後の必殺技などもある「勝ち抜き格闘大会競技」が一番面白いので、ぜひそこまでたどり着いてくださいな。

正直15年以上も前のゲームとは思えないほど完成度が高く、熱心なファンが多いのも納得できる内容となっています。ただ、一つに気になったのが操作性です。方向キー二度押しでダッシュになるのですが、これがハードが原因なのか、ソフトが原因なのかわからないですが、思ったようにダッシュが出来ないときが結構あります。ある程度、慣れが必要かとおもいます。

『熱血高校ドッジボール部 サッカー編』は5対5のサッカーゲームです。こちらは熱血高校のチームを操りながら他の高校と戦っていくという内容です。熱血シリーズらしく、こちらにも必殺シュートがあり、高くから降って来る様なシュートや、敵を蹴散らしながら飛んでいくシュートなど様々なものがあります。

システム自体は非常にシンプルで、動かすのは一人だけです。他のキャラにはシュートやパスのタイミングの指示をだします。ドリブル/パス多様などの設定もできます。昨今のゲームとくらべると非常に簡単内容ですが、簡単なだけに妙に楽しかったりします。

またこのシリーズは対戦で遊ぶとかなり盛り上がるので、ぜひ機会があったら遊んでみてください!オススメです。
《りゅか》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

    『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

    【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

  3. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

    『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  4. 『スプラトゥーン2』初回の「サーモンラン」募集は15時から!

  5. 「『ドラクエXI』が楽しみすぎる人たち」なCMに中村勘九郎や唐沢寿明などが出演─“ドラクエ”エピソードも披露

  6. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?

  7. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  8. 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. このビッグウェーブを見過ごすな! 『スプラトゥーン2』発売後3日間は「サーモンラン」の募集が高頻度に

アクセスランキングをもっと見る