人生にゲームをプラスするメディア

宮本氏らを招いて「インタラクティブ・エンタテインメントの歴史と展望」が開催決定

ゲームビジネス その他

立命館大学はインタラクティブエンターテインメントをテーマにした国際シンポジウムDigital Interactive Entertainment Conference 2005「インタラクティブ・エンタテインメントの歴史と展望」を12月2日に開催することを発表しました。

主催は立命館大学衣笠総合研究機構で、IGDA日本関西支部とゲームアーカイブ・プロジェクトが強力します。参加費は無料で事前登録制となります。

ゲームを主体としてインタラクティブ・エンタテインメントのデザインの源流と将来を展望するもので、国際シンポジウムに相応しい、単独でも観衆を集められるような豪華な講演陣となっています。シンポジウムは次のように3部立てで行われます。

基調講演「インタラクティブ・エンタテインメントのデザイン展望
・武邑光裕氏(立命館大学チェアプロフェッサー、元東京大学助教授)

第1部「ゲームデザイン・テクノロジーの源流」
・ノーラン・ブッシュネル氏(ATARI創業者、元会長)
・大墻敦氏(NHK衛星放送局制作部チーフ・プロデューサー)
・岩谷徹氏(株式会社ナムコ インキュベーションセンター コンダクター)
・上村雅之氏(任天堂アドバイザー、立命館大学教授)

第2部「ゲームデザイン・テクノロジーの今と未来」
・宮本茂氏(任天堂株式会社専務取締役情報開発本部長)
・小島秀夫氏(コナミ株式会社執行役員小島プロダクション代表)
・ロビン・ウォーカー氏(Valve Software、Design Lead)
・浜村弘一氏(株式会社エンターブレイン代表取締役社長)

ノーラン・ブッシュネル氏は『ポン』の開発者であり、アタリを創業し、米国のゲーム産業の創始者とも言える人物です。大墻敦氏はゲーム産業の創世記を取材した「NHKスペシャル新・電子立国」の担当者です。ロビン・ウォーカー氏は大ヒットした『Half-Life 2』のデザイナーです。

その他の人物は紹介の必要もないでしょう。任天堂からは宮本茂氏とファミコン、スーパーファミコンの開発を行った上村雅之氏が参加することになっています。

ここで一体どんな話が聞けるのでしょうか。今から楽しみです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  2. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

    ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  3. 外部骨格&VRスーツを用いた「AxonVR」が開発中、触覚・温度・重量なども再現可能

    外部骨格&VRスーツを用いた「AxonVR」が開発中、触覚・温度・重量なども再現可能

  4. 面白いゲーム作りには絶対に妥協しないサムザップ・・・Social Top Runner Vol.2(4)

  5. 【CEDEC 2010】「悩みを捨てよ、行動に出よう」スクエニ流社内交流のススメ!

  6. Unityで広がる個人制作者の世界・・・人気アプリ開発者二名によるトーク

  7. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  8. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  9. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  10. 【CEDEC 2009】猿楽庁の橋本長官がゲームのチューニングを語る・・・「ゲームチューニングってなんだろう?」

アクセスランキングをもっと見る