人生にゲームをプラスするメディア

展示会「IGN Live」に任天堂も出展することが決定

ゲームビジネス その他

IGN.comが今年から初めて開催する一般向けの展示会「IGN Live」に任天堂も出展することが決定しました。まだ出展タイトルは決まってませんが、年末から年明けにかけての注目タイトルが登場しそうです。「IGN Live」はアナハイムコンベンションセンターで10月22日と23日に開催されます。IGNはカリフォルニアですからね。入場料は15ドルだそうです。

なんとなく記事の宣伝部分が面白かったので紹介します。

「まだ乗り気ではない? しかし任天堂の素晴らしき人達はBig Nだけができる最高のタイトルを持ってIGN Liveに参加してくれることになりましたよ。これが『ゼルダの伝説トワライトプリンセス』を始めて遊ぶチャンスになるかもしれません。私達はあなたは是非とも80枚ほどチケットを買ってそれを見つけに来るべきだと思います。宮本氏がこの場でレボリューション向けに『大乱闘スマッシュブラザーズ』を発表する? その可能性は実に限られていると言えます。しかしあなたがもし全ての知り合いの為に4000枚もチケットを買ってくれるとするなら、私達は彼を誘拐するでしょう」

「もしそれでも満足でないなら、恨みを抱いてきたサイトエディッターに対する吊るし上げの場としてIGN Liveを利用しても構いません。『ルイージマンション』に最低の7.0点をつけたMatt Casamassinaや、『マリオカート ダブルダッシュ』に7.9点をつけたFran Mirabellaもイベントに参加します。彼らをウォーターダンクマシン(バラエティ番組でよくある上から水が降ってくれるような仕掛け)にかけてもいいでしょう。みんなの大好きな任天堂ゲームを軽視したツケを払わせてやりましょう。あなたが全米の仲間のために4万7000枚ものチケットを買ってくれるなら彼らを水に沈めるチャンスはますます大きくなります」

「どうしてエレクトロニック・アーツ、THQ、ユービーアイソフト、そして任天堂のようなパブリッシャーが私達のIGN Liveで最高のラインナップを公開してくれるのか、公式サイトを見て確かめて下さい。そして是非とも小国の人口と同じくらいの枚数のチケットを購入する事を躊躇わないで下さい。そうすればきっと幸運の女神が舞い降りて一度しかないイベントを最高のものへと変えてくれるでしょう」
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  2. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  3. 【CEDEC 2012】「アニメーションTA」とは!? AIとアニメの融合が生み出すキャラクターの次なるリアリティ

    【CEDEC 2012】「アニメーションTA」とは!? AIとアニメの融合が生み出すキャラクターの次なるリアリティ

  4. 宮本茂氏、ゲーム開発者が選ぶヒーロー第1位に選ばれる

  5. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  6. 自動LOD生成ミドルウェア「Simplygon」、第5世代をリリース ― 5月にデモツアー

  7. マーベラス、平成28年3月期決算を発表 ― 海外での『ログレス』人気が貢献、社外取締役の久夛良木氏6月退任へ

  8. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  9. 今週発売の新作ゲーム『ソニックフォース』『Xbox One X』『NEED FOR SPEED PAYBACK』『仁王 Complete Edition』他

  10. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

アクセスランキングをもっと見る