人生にゲームをプラスするメディア

米国で最近発売されたゲームたち

米国で発売された最近発売されたタイトルを軽く紹介します。

ゲームビジネス その他
米国で発売された最近発売されたタイトルを軽く紹介します。

任天堂オブアメリカはゲームキューブ向け『Battalion Wars(突撃!ファミコンウォーズ)』とGBA向け『DK: King of Swing(ぶらぶらドンキー)』を発売しました。

イグニション・インタラクティブはゲームキューブ向けにテレビ番組の人気アニメシリーズ「Animaniacs」を題材にした3Dアクションゲーム『Animaniacs:The Great Edgar Hunt』を発売しました。GameRankings.comによれば100中56の評価を得ているようです。価格は19.99ドルとお安くなっています。

アクティビジョンからはニンテンドーDSで『Whack-A-Mole』というタイトルが発売になりました。日本語にすれば「もぐら叩き」、お馴染みのゲームですね。価格は29.99ドルとなっています。

またアクティビジョンは『X-Men Legends II: Rise of the Apocalypse』をゲームキューブで発売しています。X-Menの世界観をベースにしたアクションRPGの続編です。プレイヤーはシリーズから16人が登場するキャラの中から4名をチームに選び、場面によって使い分けながら冒険を進めていきます。開発元はRaven Softwareで価格は49.99ドル。

ビベンディ・ユニバーサルはバービー人形のゲーム『バービースーパーパーク』をGBAで発売しました。価格は29.99ドルです。バービーが諜報員となって世界中の事件を解決するアドベンチャーモードと、バービーが仲間達と街での生活を楽しむ2つのゲームモードが収録されているそうです。

ブエナビスタは『シンデレラ マジカル ドリーム』をGBAで発売しました。これは日本のカルチャーブレーンが開発したゲームだそうです。ゲームはシンデレラを王子様が救いにいくアクションゲームのようです。価格は29.99ドルです。

エレクトロニック・アーツはマーベルコミックのキャラ達が勢揃いして活躍する『マーベル ネメシス』と『タイガーウッズ2006』をゲームキューブで発売しました。『マーベル ネメシス』はアクションを基調にしてマーベルヒーローの誰が最も強いかという戦いが繰り広げられます。『タイガーウッズ2006』は人気ゴルフゲームの最新作です。価格はどちらも39.99ドルです。

THQはGBA/GC/DSで『Tak: The Great Juju Challenge』を発売しました。人気アニメシリーズのキャラが活躍するアクションゲームです。GBA/DSでは29.99ドル、GCは39.99ドルです。開発元はAvalanche Software。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スクウェア・エニックス時田氏・鈴木氏、Tokyo RPG Factory橋本氏がゲーム企画から就職までを語る―ヒューマンアカデミー「ゲーム企画塾」第1回レポート

    スクウェア・エニックス時田氏・鈴木氏、Tokyo RPG Factory橋本氏がゲーム企画から就職までを語る―ヒューマンアカデミー「ゲーム企画塾」第1回レポート

  2. 2020年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2020年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. gumi、海外拠点「gumi Asia, Pte ltd.」をシンガポールに開設

    gumi、海外拠点「gumi Asia, Pte ltd.」をシンガポールに開設

  4. 『ネプテューヌ』プロジェクトチームの人材を大募集中―「プロデューサーにしてやんよ!!」

  5. VRで倉持由香と星名美津紀に会える、「トキメキメテオ」第一弾をいち早く体験してみた ― 本当に”トキメキ降臨”なのか?

  6. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  7. シンラ・テクノロジー、北米でクラウドゲーム技術のテクニカルβテストを開始

  8. 欧州任天堂、夏にかけての発売スケジュールを公開

  9. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

アクセスランキングをもっと見る