人生にゲームをプラスするメディア

米国で最近発売されたゲームたち

米国で発売された最近発売されたタイトルを軽く紹介します。

ゲームビジネス その他
米国で発売された最近発売されたタイトルを軽く紹介します。

任天堂オブアメリカはゲームキューブ向け『Battalion Wars(突撃!ファミコンウォーズ)』とGBA向け『DK: King of Swing(ぶらぶらドンキー)』を発売しました。

イグニション・インタラクティブはゲームキューブ向けにテレビ番組の人気アニメシリーズ「Animaniacs」を題材にした3Dアクションゲーム『Animaniacs:The Great Edgar Hunt』を発売しました。GameRankings.comによれば100中56の評価を得ているようです。価格は19.99ドルとお安くなっています。

アクティビジョンからはニンテンドーDSで『Whack-A-Mole』というタイトルが発売になりました。日本語にすれば「もぐら叩き」、お馴染みのゲームですね。価格は29.99ドルとなっています。

またアクティビジョンは『X-Men Legends II: Rise of the Apocalypse』をゲームキューブで発売しています。X-Menの世界観をベースにしたアクションRPGの続編です。プレイヤーはシリーズから16人が登場するキャラの中から4名をチームに選び、場面によって使い分けながら冒険を進めていきます。開発元はRaven Softwareで価格は49.99ドル。

ビベンディ・ユニバーサルはバービー人形のゲーム『バービースーパーパーク』をGBAで発売しました。価格は29.99ドルです。バービーが諜報員となって世界中の事件を解決するアドベンチャーモードと、バービーが仲間達と街での生活を楽しむ2つのゲームモードが収録されているそうです。

ブエナビスタは『シンデレラ マジカル ドリーム』をGBAで発売しました。これは日本のカルチャーブレーンが開発したゲームだそうです。ゲームはシンデレラを王子様が救いにいくアクションゲームのようです。価格は29.99ドルです。

エレクトロニック・アーツはマーベルコミックのキャラ達が勢揃いして活躍する『マーベル ネメシス』と『タイガーウッズ2006』をゲームキューブで発売しました。『マーベル ネメシス』はアクションを基調にしてマーベルヒーローの誰が最も強いかという戦いが繰り広げられます。『タイガーウッズ2006』は人気ゴルフゲームの最新作です。価格はどちらも39.99ドルです。

THQはGBA/GC/DSで『Tak: The Great Juju Challenge』を発売しました。人気アニメシリーズのキャラが活躍するアクションゲームです。GBA/DSでは29.99ドル、GCは39.99ドルです。開発元はAvalanche Software。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  3. 『キャサリン』がアトラス過去最高の北米セールスを記録

    『キャサリン』がアトラス過去最高の北米セールスを記録

  4. 2011年にフェイスブックで最も人気だったゲームトップ10は?

  5. 任天堂、韓国任天堂株式会社を設立することを決定 (2)

  6. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  7. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  8. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  9. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  10. 今週発売の新作ゲーム『アサシン クリードIII リマスター』『チームソニックレーシング』『ルルアのアトリエ ~アーランドの錬金術士4~』他

アクセスランキングをもっと見る

1