人生にゲームをプラスするメディア

欧州任天堂・柴田社長「携帯ゲーム機市場は50%以上拡大」

ゲームビジネス その他

任天堂オブヨーロッパの柴田聡社長は昨夜開催したクリスマスラインナップの発表会の席で、2005年末までに欧州で300万台、英国だけで100万台のニンテンドーDS販売を達成したいと話しました。また柴田氏は、欧州で携帯ゲームビジネスは50%の成長を実現するだろうと述べました。

柴田氏はまず日本や世界中でニンテンドーDSが好調なセールスを続けていることを謳い上げました。「私達は年末までにヨーロッパ全域で300万台、英国だけで100万台のニンテンドーDSを売りたいと考えています。GBASPやミクロの助力も得て、英国での携帯ゲームビジネスは50%の成長を実現するでしょう」

英国任天堂のDavid Yarnton氏は続けます。「1月〜7月の任天堂の携帯ゲーム機の売上は91%も上昇しました。小売店が悲観的な見通しをしていたにも関わらず。これは前年の約2倍の規模です。英国で売れたハードの38パーセントは任天堂の携帯機です。ファーストとサードをあわせたソフト売上は2億5000万ポンドにも達するでしょう」

来週にはPSPが欧州で発売されますが、それに関しては次のように話しています。「私達は15年間に渡って携帯ゲーム機市場のオーナーでしたが、決してこれに安住して今までの成功のみに甘んじるつもりはありません。私達は携帯型のゲームを生み出しました。まだ引越しをして明け渡す予定はありません」

2人ともホリデーシーズンに発売されるタイトルとして『Nintendogs』の重要性を語りました。

柴田氏は「日本での『Nintendogs』の発売はソフトとハードの両方でPSPに2〜3倍の差を付けた決定打でした。また購入者の40%は女性で、私達が言っている市場を拡大することの明瞭さを実感することができました。また人々のゲームに対する鋭い感覚も知ることができました」
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 『Conker 's Bad Fur Day』を手掛けた元レア社のデザイナーがWii U向けに向けに何かを開発中

    『Conker 's Bad Fur Day』を手掛けた元レア社のデザイナーがWii U向けに向けに何かを開発中

  4. 5pb.、Xbox 360『怒首領蜂 大往生』がソースコードを盗用し制作したものだったとして謝罪

  5. 100億円強を集めたゲーム会社「ソシエゴ」に捜査・・・クライマックス・内藤氏は関与を否定

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. VRチームは50人規模、馬場社長が明かす“コロプラが全力でVRに取り組む”理由

  9. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  10. 【TGS2015】レベルファイブ日野氏があかした成功の秘訣、それは経営者とクリエイターが「なかよくすること」

アクセスランキングをもっと見る