人生にゲームをプラスするメディア

任天堂が2005年度第一四半期の業績を発表

ゲームビジネス その他

任天堂は2005年7月28日に4月1日〜6月31日の2005年度3月期第1四半期の業績を発表しました。

それによれば売上高706億8400万円、営業利益37億5400万円、経常利益213億8600万円、純利益は141億1500万円でした。第1四半期は基本的に需要の少ない時期であること、販売の中心がハードであったこと、研究開発費が増加したことなどから本業のもうけを示す営業利益は低い水準に留まりました。

セグメント別の売上高ではハードが358億8800万円、ソフトが343億2100万円、トランプ・カルタなどが4億7400万円でした。

販売数量ではGBA(含SP)のハードが98万台、ソフトが1167万本、ニンテンドーDSのハードが138万台、ソフトが532万本、ゲームキューブのハードが26万台、ソフトが431万本でした。DSのハードは累計で665万台となり、ソフトは1582万本となりました。

尚、通期の業績予想に変更はありません。気になる所では連結対象に一社追加されたようですが、何かありましたっけ?
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

    【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

  3. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

    アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  4. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  5. 『プロジェクト巨影都市(仮)』開発エンジンにシリコンスタジオ「OROCHI 3」採用…スタッフからコメントも到着

  6. EAとアクティビジョン、『Call of Duty』を巡る4億ドルの訴訟がスタート

  7. 【レビュー】世界で活躍するプロゲーマーTypeNemuke氏に聞く、ディスプレイの重要性

  8. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  9. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  10. コンテンツ事業の利益は2280%増、ソーシャルゲームが大きく貢献 ― バンダイナムコ第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る