人生にゲームをプラスするメディア

今年夏のボーナス支給額で任天堂が6年連続の1位

ゲームビジネス その他

今朝の日経産業新聞によれば今年夏のボーナス支給額で任天堂が6年連続の1位(168万8000円)になったようです。任天堂は業績が堅調なことに加えて、「年間報酬に占めるボーナスの比率が一般的な企業よりも高く、夏の配分を冬より手厚くしている」ことが要因となっているようです。

支給額の2位以下はアドバンテスト、トヨタ自動車、ホンダ、未来、ローム、キヤノン、武田薬品工業などとなっていて、増加額で最も大きかったのは第三のビールなどが好調だったサッポロビール(41万5000円増)でした。次いで好況に沸いた鉄鋼業界から東京製鉄などとなっています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

    【NDC2017】ゲーム業界には挑戦が必要だ―ネクソン代表取締役社長オーウェン・マホニー ウェルカムスピーチ

  2. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

    美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  5. 【GDC2012】『牧場物語』の和田康宏氏が語る2つのコンセプト~新会社トイボックスの展開も明らかに

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  9. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  10. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

アクセスランキングをもっと見る