人生にゲームをプラスするメディア

NOM7月号は『のののパズル』と『ちびロボ』スタッフインタビュー

任天堂公式サイトで連載されている任天堂オンラインマガジンの7月号が公開されました。今回は発売されたばかりの『のののパズル ちゃいリアン』の開発元のクリーチャーズと『ちびロボ』の開発元のスキップの開発スタッフへのインタビューとなっています。

ゲームビジネス その他
任天堂公式サイトで連載されている任天堂オンラインマガジンの7月号が公開されました。今回は発売されたばかりの『のののパズル ちゃいリアン』の開発元のクリーチャーズと『ちびロボ』の開発元のスキップの開発スタッフへのインタビューとなっています。

『のののパズル ちゃいリアン』のクリーチャーズはGBC『ちっちゃいエイリアン』以来久しぶりのオリジナルタイトルの制作となりました。2年以上前から温められてきたアイデアだったそうです。ちなみに同社は今年で設立10周年だそうで、「今後もクリーチャーズらしいもの=ちょっと変かも?て事なのですが、そうゆうものを世に出していきたいと思っています」とのこと。

『ちびロボ』のスキップは『ギフトピア』の開発元でもあります。今回の作品は当初はバンダイのプロジェクトでしたが、「キャラクター以外は全て変わった」という大変動を経て今回世の中に出ることになったそうです。開発には4年かかったとのこと。「コンセプトのスキップ vs 手触りの任天堂」で中々大変だったというような事が話されています。

余り関係ない話ですが、『のののパズル』にバンプール(元ラブデリック/スキップもそう)が関わっていないかと推測してます。スタッフリストがある方はちょっと確認して欲しい所です。勘違いかもしれませんが。。。どちらにしても任天堂とバンプールがちょっと一緒に何かしたのは間違いないハズ。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  6. ホログラムゲームが実現しそうなHMD「castAR」一般販売は2017年以降を予定

  7. VR施設「SEGA VR AREA AKIHABARA」6月17日10時にオープン! VRウォーキングアトラクションを導入

  8. 【GDC 2014】 カスタマーサポートと QAの連携が今後のカスタマーリレーションズの鍵となる。大手企業のスタッフが語る

  9. 【GDC 2013】『シムシティ』のエンジニアが語る「サンドボックスゲーム」の作り方

  10. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

アクセスランキングをもっと見る