人生にゲームをプラスするメディア

バンダイが「レボリューション」にも開発予定、ナムコも検討中

フジサンケイビジネスiによれば、E3でPS3向けに『機動戦士ガンダム』を発表したバンダイは「レボリューション」向けにもゲームを開発予定で、バンダイと統合を決定したナムコも「幅広い客層をつかむ」として3機種全てで検討中だそうです。

任天堂 Wii
フジサンケイビジネスiによれば、E3でPS3向けに『機動戦士ガンダム』を発表したバンダイは「レボリューション」向けにもゲームを開発予定で、バンダイと統合を決定したナムコも「幅広い客層をつかむ」として3機種全てで検討中だそうです。

次世代機では各機種ともに性能差が現行機種よりも縮まることが予想され、現在発表されている内容では提供されるものも大差は無さそうです。高騰する開発コストを回収する為にも、現在よりもマルチプラットフォームの傾向が強まる可能性もあります。

「レボリューション」向けでは既にスクウェア・エニックスが『ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル』をWi-Fi対応で開発することを表明しています。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「100日後に死ぬワニ」が現実に…?『スマブラSP』のプロになった“ワニの人”

    「100日後に死ぬワニ」が現実に…?『スマブラSP』のプロになった“ワニの人”

  2. 迫りくる恐怖に鳥肌が止まらない!スイッチで遊べる和風ホラーゲーム特集─怨霊・日本人形・怪談話など

    迫りくる恐怖に鳥肌が止まらない!スイッチで遊べる和風ホラーゲーム特集─怨霊・日本人形・怪談話など

  3. 「ちいかわ」作者が『Dead by Daylight』に夢中!?“全年齢版ブラボ”の一歩先へ…

    「ちいかわ」作者が『Dead by Daylight』に夢中!?“全年齢版ブラボ”の一歩先へ…

  4. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  5. インサイド編集部&ライターが選んだ「最もハマった3DSのゲーム」

  6. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  7. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  8. 『アパシー 鳴神学園七不思議』体験版が配信開始―プレイヤーの回答で結末は500以上に変化、学校の“怖い話”にまつわるホラーADV

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

アクセスランキングをもっと見る