人生にゲームをプラスするメディア

Wi-Fiサービスに対応のタイトルが明らかに―サードのタイトルも多数

任天堂はメディアブリーフィングの中で自社のWi-Fi対応タイトルとして『マリオカートDS』と『どうぶつの森DS』を示しましたが、Nintedo.comではサードパーティ製のWi-Fiに対応したニンテンドーDS向けタイトルのリストが掲載されています。

任天堂 DS
任天堂はメディアブリーフィングの中で自社のWi-Fi対応タイトルとして『マリオカートDS』と『どうぶつの森DS』を示しましたが、Nintedo.comではサードパーティ製のWi-Fiに対応したニンテンドーDS向けタイトルのリストが掲載されています。

「Nintendo Wi-Fi Connection(サービス名)は500万人のニンテンドーDSオーナーが既に世界におり、それは日々成長しています。サービスは、全ての人が任天堂ゲームで簡単に準備でき追加の費用の発生しないワイヤレス接続でゲームプレイを楽しむことを可能にします」とGeorge Harrison氏はコメントしています。

以下は任天堂とサードパーティが開発しているWi-Fiに対応したゲームです。メディアブリーフィングでは『FFCC』はレボリューション向けという話でしたがDSでも発売されるということなのでしょうか。フロムの『天誅』やコナミの小島監督作品なんかもありますね。

・アクティビジョン トニー・ホーク(仮称)
・アタリ 未定
・バンダイ 機動戦士ガンダム(仮称)、デジモンワールド(仮称)
・バンプレスト 未定
・ブエナビスタ 未定
・カプコン 未定
・エレクトロニック・アーツ 未定
・フロムソフトウェア 天誅DS(仮称)
・ハドソン ボンバーマン(仮称)、桃太郎電鉄ワールド(仮称)
・コーエー 真・三国無双(仮称)
・コナミ 小島監督プロデュース作品、ワールドサッカーウイニングイレブンシリーズ、実況ワワフルプロ野球シリーズ(仮称)、キャッスルヴァニアシリーズ(仮称)
・Majesco 未定
・マーベラスインタラクティブ 牧場物語シリーズ(仮称)、Rune Factory(仮称)、Contact(仮称)、リアルタイムストラテジ(仮称)
・Mastiff (未定)
・任天堂 どうぶつの森DS、マリオカートDS、他多数開発中
・ナムコ 新RPG(未定)
・セガ 未定
・スパイク プロフェッショナル・レスリング(仮称)
・タイトー 未定
・テイクツー 未定
・テレゲームス 未定
・ユービーアイソフト 未定
・ビベンディ 未定

未定のパブリッシャーも多いですが、結構開発中のタイトルは多い印象です。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ヨコオタロウ氏が『モンハンライズ』のストーリーを妄想!次々と“退場”するメインキャラ、滅びる里―このモンハンに救いはない…

    ヨコオタロウ氏が『モンハンライズ』のストーリーを妄想!次々と“退場”するメインキャラ、滅びる里―このモンハンに救いはない…

  2. 『モンハンライズ』知ると楽しい「マカ錬金」&「護石」のススメーまだ見ぬ“神おま”を探しに行こう!

    『モンハンライズ』知ると楽しい「マカ錬金」&「護石」のススメーまだ見ぬ“神おま”を探しに行こう!

  3. 『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

    『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

  4. 『モンハンライズ』ソロハンターに送る「ヌシ・リオレウス」討伐のコツ!“空の王者”を攻略して、ツワモノの名を響かせよ

  5. 『モンハンライズ』Ver2.0で熱い強力スキル5選―新たな防具や装飾品の登場で状況が激変、理想のスキル構成を目指せ

  6. スイッチ2021年4月 月間DLランキング公開―『モンハン』『ポケモンスナップ』に並び異色の『スーパー野田ゲーPARTY』もランクイン

  7. 『モンハンライズ』「花結」は定期的に見直してる?Ver2.0から登場したレア7は汎用性抜群、ただし状況によってはレア6が光る場面も

  8. 『Apex Legends』猛威を振るう新武器「ボセックボウ」および「スピットファイア」の弱体化パッチ配信―ダメージや弾数、チャージ時間などが調整

  9. 『モンハンライズ』スラッシュアックスの操作方法・立ち回りを解説!2つのモードで切り替えて高火力を維持せよ【個別武器紹介】

  10. 全身センサーだらけ!『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「ナマズ」ってこんな魚【平坂寛の『あつ森』博物誌】

アクセスランキングをもっと見る