人生にゲームをプラスするメディア

Wi-Fiサービスに対応のタイトルが明らかに―サードのタイトルも多数

任天堂はメディアブリーフィングの中で自社のWi-Fi対応タイトルとして『マリオカートDS』と『どうぶつの森DS』を示しましたが、Nintedo.comではサードパーティ製のWi-Fiに対応したニンテンドーDS向けタイトルのリストが掲載されています。

任天堂 DS
任天堂はメディアブリーフィングの中で自社のWi-Fi対応タイトルとして『マリオカートDS』と『どうぶつの森DS』を示しましたが、Nintedo.comではサードパーティ製のWi-Fiに対応したニンテンドーDS向けタイトルのリストが掲載されています。

「Nintendo Wi-Fi Connection(サービス名)は500万人のニンテンドーDSオーナーが既に世界におり、それは日々成長しています。サービスは、全ての人が任天堂ゲームで簡単に準備でき追加の費用の発生しないワイヤレス接続でゲームプレイを楽しむことを可能にします」とGeorge Harrison氏はコメントしています。

以下は任天堂とサードパーティが開発しているWi-Fiに対応したゲームです。メディアブリーフィングでは『FFCC』はレボリューション向けという話でしたがDSでも発売されるということなのでしょうか。フロムの『天誅』やコナミの小島監督作品なんかもありますね。

・アクティビジョン トニー・ホーク(仮称)
・アタリ 未定
・バンダイ 機動戦士ガンダム(仮称)、デジモンワールド(仮称)
・バンプレスト 未定
・ブエナビスタ 未定
・カプコン 未定
・エレクトロニック・アーツ 未定
・フロムソフトウェア 天誅DS(仮称)
・ハドソン ボンバーマン(仮称)、桃太郎電鉄ワールド(仮称)
・コーエー 真・三国無双(仮称)
・コナミ 小島監督プロデュース作品、ワールドサッカーウイニングイレブンシリーズ、実況ワワフルプロ野球シリーズ(仮称)、キャッスルヴァニアシリーズ(仮称)
・Majesco 未定
・マーベラスインタラクティブ 牧場物語シリーズ(仮称)、Rune Factory(仮称)、Contact(仮称)、リアルタイムストラテジ(仮称)
・Mastiff (未定)
・任天堂 どうぶつの森DS、マリオカートDS、他多数開発中
・ナムコ 新RPG(未定)
・セガ 未定
・スパイク プロフェッショナル・レスリング(仮称)
・タイトー 未定
・テイクツー 未定
・テレゲームス 未定
・ユービーアイソフト 未定
・ビベンディ 未定

未定のパブリッシャーも多いですが、結構開発中のタイトルは多い印象です。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン「ウミディグダ」公開!パルデア地方のディグダ…ではない!?

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン「ウミディグダ」公開!パルデア地方のディグダ…ではない!?

  2. 『スプラトゥーン3』通信問題・操作感に絞った「臨時更新データ」配信決定!マニューバー、ワイパーなどの不具合修正へ

    『スプラトゥーン3』通信問題・操作感に絞った「臨時更新データ」配信決定!マニューバー、ワイパーなどの不具合修正へ

  3. 『モンハンライズ:サンブレイク』傀異化したラージャンが、見た目だけでもうヤバい!「無料アプデ第2弾」を前に、震え上がるハンターたち

    『モンハンライズ:サンブレイク』傀異化したラージャンが、見た目だけでもうヤバい!「無料アプデ第2弾」を前に、震え上がるハンターたち

  4. 『星のカービィ』とコラボしたグッズ「ぷわぷわシリーズ」が発売!笑顔と寝顔、カービィの可愛らしさを2つの表情でお届け

  5. 『ポケモン』スケールダウンが止まらない!?生まれ変わりつつある“悪の組織”という概念

  6. 『ポケモンSV』謎の新ポケモン発覚!?トレイラーに映り込んでいた“目玉エンジン”にファン騒然

  7. 『ポケモンSV』囚われの身だったポケモンがついに解禁!?3DS以来の再会に「出るの何年ぶり!?」

  8. 『モンハンライズ:サンブレイク』無料アプデ第2弾は9月29日配信!「タマミツネ希少種」「傀異克服オオナズチ」登場【TGS2022】

  9. 『モンハンライズ:サンブレイク』追加モンスター3体の「防具」が一挙公開!オオナズチ装備は“頭・胸”が大きく変化【TGS2022】

  10. 『星のカービィ』×「ジーユー」コラボが10月上旬より展開!着ればカービィになれるラウンジウェアにメロメロ

アクセスランキングをもっと見る