人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョンが『タイ・ザ・タスマニアンタイガー3』を発表

アクティビジョン・バリュー・パブリッシングとオーストラリアのデベロッパーのクローム・スタジオは人気アクションゲームの第三弾『タイ・ザ・タスマニアンタイガー3』を共同開発していることを発表しました。シリーズ累計で200万本以上が売れている最新作は発売元がEAからアクティビジョンに変更されることになりました。

任天堂 ゲームキューブ
アクティビジョン・バリュー・パブリッシングとオーストラリアのデベロッパーのクローム・スタジオは人気アクションゲームの第三弾『タイ・ザ・タスマニアンタイガー3』を共同開発していることを発表しました。シリーズ累計で200万本以上が売れている最新作は発売元がEAからアクティビジョンに変更されることになりました。

タスマニアンタイガーはオーストラリアの南東にあるタスマニア島に生息する虎の一種で、プレイヤーはタスマニアンタイガーの一人の主人公タイとなり、太古から伝えられる悪魔「Quinkan」の侵略に立ち向かっていきます。アクション要素たっぷりの世界でタイはブーメランなどの武器を改良していきながら冒険を進めていきます。

クロームスタジオの共同創業者のRobert Walsh氏は「アクティビジョンのような理想的なパートナーを見つけることができてとても嬉しく思います。『タイ・ザ・タスマニアンタイガー』は広く知られて愛されているシリーズです。彼らのサポートを借りて、この黄色い毛皮のヒーローは更に活躍していくことでしょう」と述べています。

ゲームキューブ、ゲームボーイアドバンス、プレイステーション、Xboxの各機種で2005年秋の発売予定です。IGNでは動画やスクリーンショットを確認できます。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 「100日後に死ぬワニ」が現実に…?『スマブラSP』のプロになった“ワニの人”

    「100日後に死ぬワニ」が現実に…?『スマブラSP』のプロになった“ワニの人”

  2. インサイド編集部&ライターが選んだ「最もハマった3DSのゲーム」

    インサイド編集部&ライターが選んだ「最もハマった3DSのゲーム」

  3. 迫りくる恐怖に鳥肌が止まらない!スイッチで遊べる和風ホラーゲーム特集─怨霊・日本人形・怪談話など

    迫りくる恐怖に鳥肌が止まらない!スイッチで遊べる和風ホラーゲーム特集─怨霊・日本人形・怪談話など

  4. 「ちいかわ」作者が『Dead by Daylight』に夢中!?“全年齢版ブラボ”の一歩先へ…

  5. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  6. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  7. これを逃すともう買えない!? 3DS/Wii Uのeショップサービス終了で入手困難になるゲームたち【特集】

  8. お得すぎ! アトラスの「3DSファイナルセール」がどれも1,000円─中古価格が高値維持の『世界樹の迷宮X』や『真・女神転生 DSJ』も対象

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『スプラトゥーン3』新ブキ「ワイパー」発表! 突進&爆発から支援系まで、新たなスペシャルウェポンも3種お披露目

アクセスランキングをもっと見る