人生にゲームをプラスするメディア

コーエーがE3出展タイトルを公開―『三国無双』は映像で

ゲームビジネス その他

コーエーは5月18日から開催されるE3への出展タイトルを公開しました。任天堂機種ではニンテンドーDS向けの『真・三國無双』のみとなっています。プレイアブルではなく映像形式での展示となるようです。

コーエーは次世代プレイステーション向けに開発しているタイトルも公開することを明らかにしています。タイトルは不明ですが、黒澤明監督の『鬼』になると見られています。

その他に出展されるのはプレイアブルではPS2の『Romance of the Three Kingdoms X』と『Coliseum:Road to Freedom』、PCの『Dynasty Warriors Hyper』と『Uncharted Waters Online』となっています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  4. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  5. 任天堂、ソニー、マイクロソフトが共同制作 「保護者のみなさまへ」ペアレンタルコントロールを解説するチラシ配布中

  6. Wii U、2日間での販売台数は30.8万台 ― Wiiには及ばなかったものの、消化率は9割弱に

  7. 韓国ネオウィズ、ゲームオンをTOBで完全子会社化へ・・・総額20億円

  8. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  9. 【CEDEC 2012】「Too Japanese」な日本ゲームは海外で評価されないのか ― 『GRAVITY DAZE』ヒットの理由

  10. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

アクセスランキングをもっと見る