人生にゲームをプラスするメディア

ドワンゴがチュンソフトを子会社化

ゲームビジネス その他

モバイル向けコンテンツ制作大手のドワンゴは、チュンソフトを買収することを発表しました。ドワンゴは現在チュンソフトの株式の96%を保有する中村光一氏からの取得と第三者割当増資の実施により、59%を保有する親会社となります。

リリースによれば、ドワンゴの持つシステム構築・運用ノウハウとチュンソフトのゲームソフト開発ノウハウを相互に活用することで両社の発展を目指していくとのことです。尚、詳細については現在も協議中であるとのことです。

過去には『ドラゴンクエスト』の制作にも参加し、その後も『風来のシレン』や『街』などの名作をリリースしてきた名門ですが、平成17年度は赤字決算に転落する見込みとなっていました。

株式の取得金額は合わせて11億6800万円です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  2. オランダのゲーム産業のいま(後編)・・・活躍するデベロッパーが続々登場

    オランダのゲーム産業のいま(後編)・・・活躍するデベロッパーが続々登場

  3. セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

    セガ、休眠中の有力ゲームIPをリバイバルへ―新規IPへの挑戦も計画

  4. 『星空バータウン』の月商も公開したCyberX・・・Social Top Runner Vol.2(3)

  5. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  6. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  7. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  8. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  9. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  10. ポノス、「EVO2017」『ストV』部門5位タイの“もけ”氏をゲーマー社員として採用

アクセスランキングをもっと見る